このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1242
ちろりんばし
チロリン橋
高ヒット
放送回:0784-B  放送日:1991年02月16日(平成03年02月16日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:又野龍也
千葉県 ) 23966hit
あらすじ

昔、千葉のある村に貧しい家族が住んでいた。

一日中働いてもその日の食い物に困る有様で、その上おっとうが病気でどうすることもできなかった。仕方なく兄弟の中で一番上のお春が、隣村の今泉の大地主の家に子守奉公にでることになった。奉公に出る際、おっかあから7歳のお祝いに買ってもらった鈴入りのぽっくり(下駄)を持って行った。

奉公に来て三年たったある日、大地主の家で五両もの大金が無くなった。その犯人として、奉公人の中で一番貧乏だったお春が疑われた。お春は悲しくなって、おっかあに会いたくなり夜中にそっと抜け出した。やっとの事でたどり着いた家の窓から中を覗くと、おっかあが夜なべ仕事をしていた。それを見たお春は、家に入る事ができなかった。

お春は、重い足取りで村境の橋にたどり着いた。家にも帰れず奉公先の大地主の家にも戻れず、どうしていいのか分からなくなったお春は、とうとう橋の上から身を投げ死んでしまった。今でも、この橋を渡るときに耳を澄ますと「チロリン、チロリン」とぽっくりの鈴の音が聞こえてくるそうだ。

(紅子 2011-7-20 23:51)


参考URL(1)
http://www.city.sosa.lg.jp/index.cfm/16,7059,247,488,html
ナレーション常田富士男
出典千葉の伝説(日本標準刊)より
備考千葉県匝瑳市ホームページで野田地区の伝説とのこと。
場所について千葉の今泉と川辺の間の小さな橋か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.4000 8.40 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/7/20 23:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)