このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1218
のんべえのあたまのかきのき
のんべえの頭の柿の木
高ヒット
放送回:0770-A  放送日:1990年10月20日(平成02年10月20日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:辻伸一
群馬県 ) 25056hit
あらすじ

いつも働かないで酒ばかり呑んでるのんべいを横目に、奥さんに怒鳴られながら働いているどんべえ。

ある日、のんべえの頭に熟れた柿の実が落ちたことがきっかけで頭から柿木が生えた。頭から生えた柿を売って生計を立ててるのんべえを見て、嫉妬したどんべえが、のんべえの頭の柿木を切った。

今度は切った木の根元から茸が生え、やはり食うに困らずお金が勝手に増えてくる生活を続けるのんべえ。それを見て更に嫉妬したどんべえは、根っこごと抜きさった。

今度は木が抜けた頭の窪みに雨水が溜まり池になり、何故か魚が住み着き、やはり釣った魚で楽な生活をするのんべえ。これを見て、がっくり来てしまい、さすがにのんべえの妨害を諦めるどんべえ。

しかしある日一匹の鷹が頭の池にある魚目掛けてダイブしてくるが、誤ってのんべえの頭ごとつかんでしまう。気付いた鷹がのんべえを振り落とし落下していくのんべえ。

気付くと、全てはのんべえという男になった夢を見ていたどんべえというオチ。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典群馬の昔ばなし(三丘社刊)より
出典詳細里の語りべ聞き書き 第01巻,川内彩友美,三丘社,1986年04月10日,原題「のんべえの頭の柿の木」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.3333 8.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)