このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1210
いぬむすめ
犬娘

放送回:0764-B  放送日:1990年09月01日(平成02年09月01日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:石橋修一  作画:玉川真人
岐阜県 ) 15005hit
山犬の乳を飲んで育った娘たちの話

昔、飛騨の山奥に、子供のいないキコリの夫婦が住んでいました。ある時、山の神様に子供が恵まれるようにお願いすると、ちょうど一年後に双子の女の赤ん坊が産まれました。

しかし、産後の日立ちが悪く、母親はしばらくすると死んでしまいました。赤ん坊に飲ませる乳が無く困った父親がふと、森の藪の中で子犬に乳を与えている山犬を見つけました。

父親が「娘達が大きくなったら嫁にやるから乳を分けてくれ」と山犬にお願いすると、双子の娘達にも乳を吸わせてくれました。山犬の乳を飲んだ娘達は、病気もしないですくすくと育ち、二匹の子犬たちと仲良く暮らしました。

しかし犬の寿命は短く、娘達が年頃に育った頃には年をとって死んでしまいました。やがて、婦たちの娘達は美しく育ち、良縁に恵まれそれぞれ嫁に行きました。しかし嫁ぎ先では、山犬の幻影が見え隠れするという理由で、すぐに暇を出されてしまいました。

二人とも実家に帰って、そこで初めて父親から山犬との約束の話を聞きました。娘達は「約束をやぶってはいけない」と、山犬の子犬たちの墓の前で、仮祝言をあげました。

(紅子 2011-12-8 2:46)


ナレーション市原悦子
出典江馬三枝子(未来社刊)より
出典詳細飛騨の民話(日本の民話15),江馬三枝子,未来社,1958年12月20日,原題「犬娘」,採集者「代情通蔵」
場所について乗鞍岳が見える飛騨の山奥(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.7143 7.71 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/8 2:46 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)