このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1184
きんたろう
金太郎
高ヒット
放送回:0747-A  放送日:1990年05月05日(平成02年05月05日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
神奈川県 ) 111373hit
あらすじ

むかしむかし、足柄山に金太郎という元気な男の子が乳母と一緒に暮らしていました。

金太郎は小さい時からクマやサルやシカといった動物たちと仲良くなり、乳母の乳をいっぱい飲んで、よく眠り、よく遊んですくすくと育ちました。そして、金太郎が10歳くらいになるとクマの顔と同じ大きさの石をお手玉にして遊んだり、クマをはじめとする動物たちと相撲を取ったりして遊びました。もちろん、遊んでばかりではなく、イモ掘りをするなどして乳母の手伝いもよくしました。金太郎と乳母はたくさん取れたイモをおいしそうにたくさん食べました。

そして、ある日の朝、金太郎はサルと一緒に外へ出るとすぐにしゃがみこむと、お腹に力を入れて「うぅ~んっ」と踏ん張りました。金太郎は乳母を呼ぶと、乳母はすぐに外に出て金太郎のところに行くと、金太郎の足元に出たばかりのでっかいウンコがありました。それを見た乳母はでっかいウンコは元気な証拠と金太郎を褒めていました。

金太郎は、谷川に水を汲みに行ってイモ畑へ戻りましたが、そのイモ畑は大イノシシの集団によって大きく荒らされていて、乳母は大イノシシによって顔に大きな傷を負わされた上に大事に育てたイモも大イノシシに食い荒らされました。怒った金太郎は大イノシシに立ち向かって行きました。そして、金太郎は大イノシシを隣の山の頂上の窪みへ投げ飛ばしました。

金太郎は、乳母を箱根の山奥にある傷や病によく効く露天風呂に連れて行きました。その露天風呂のお湯を乳母の顔にかけると乳母の顔にあった大きな傷はみるみるうちに消えました。そこへ、源頼光の一行がやってきました。源頼光は人々苦しめる鬼を退治するために都へ向かうところでした。金太郎のやさしさと怪力にほれ込んだ源頼光は力を貸してくれないかと言うと、金太郎は都へ出ることを決心しました。

こうして、乳母や動物たちとともに暮らした足柄山を後にした金太郎は、大人になって名前を坂田金時と改めて、頼光四天王の一人として大江山の酒天童子を退治したことが後々まで語り継がれていきました。

(投稿者: kenta 投稿日時 2011-10-12 23:28 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「神奈川」としています。
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第11巻)
場所について足柄峠の周辺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.3529 7.35 (投票数 17) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/12 23:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)