このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1168
さるかにがっせん
さるかに合戦
高ヒット
放送回:0737-A  放送日:1990年02月17日(平成02年02月17日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:門野真理子  作画:海谷敏久
新潟県 ) 69978hit
蟹は死なないバージョンのサルカニ合戦です

むかしむかしあるところに、猿と蟹(かに)がおりました。

ある日、二人で散歩していると、蟹がおいしそうなおにぎりを、猿は柿の種を拾いました。猿は「おにぎりと交換してあげよう」と言い、断る蟹から無理やりおにぎりを奪い、代わりに自分の柿の種を投げよこしました。

蟹は仕方なく柿の種を自宅に持ち帰り、さっそく柿の種をまきました。蟹が歌えば、あっという間に柿の種がぐんぐん成長して、美味しそうな赤い柿がたくさん実りました。

再び現れた猿が、木に登れない蟹の代わりに柿を取ってきてやる、といいさっさと柿の木に登り、美味しそうな柿をむしゃむしゃ食べ始めました。木の下で待っている蟹には、青くて固い柿の実をぶつけ、おかげで蟹は体中傷だらけになってしまいました。

家でウンウンうなって寝込んでいた蟹のために、蜂(はち)どん、臼(うす)どん、栗(くり)どん、牛の糞(ふん)どん、が猿をこらしめてやることにしました。彼らは、猿の留守中に自宅に忍び込み、隠れて猿の帰りを待ちました。

猿が戻ってくると、囲炉裏の栗がはじけ、水がめから飛び出した蜂が刺し、糞で滑って転ばせ、屋根から落ちてきた臼につぶされて、猿は命からがら逃げて行きました。

(紅子 2011-2-22 16:01)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「新潟」としています。
DVD情報DVD-BOX第1集(DVD第3巻)
VHS情報VHS-BOX第1集(VHS第2巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.2000 8.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/22 16:01 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

12 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)