このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1161
ふぐとひらめ
ふぐとひらめ

放送回:0732-A  放送日:1990年01月13日(平成02年01月13日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
香川県 ) 18468hit
あらすじ

昔むかし、徳島の海に仲の良いふぐとひらめがおりました。2匹ともたくさんの子供や孫に恵まれて長生きをした後、寿命がきてあの世にも一緒に仲良く旅立つ事になりました。

2匹が暗闇の中を光の方へ引き寄せられるように漂っていくと、穴の向こうに三途の川が開け、ほとりには川守のババがおりました。ババとあの世の極楽と地獄の話をしますが、2匹は正直に生きてきた自分達は極楽に行けるだろうと安心していました。

ババに借りた舟に乗って三途の川の向こう側に着くと、鬼たちに連れられて行き、閻魔様の前で2匹の裁きが始まりました。ひらめは人間によく食べられて良い魚だという事で極楽行きに決まりましたが、ふぐのほうは、鬼の入れ知恵でふぐ刺しをツマミに地獄で一杯やりたくなった閻魔様が、ふぐは毒で人を殺すなどと言って地獄行きにしてしまいました。

理不尽な理由に承知できないふぐは考え、地獄に行く前に一目極楽を見たいという願いをとりつけました。そして鬼に連れられて極楽の立派な門の前にくると、鬼が重い門を押すためにくふぐから手を放した隙に、門の開いた隙間を通ってするりと極楽の中に入りました。

ちょうどこの時日暮れの鐘とともに門が閉じ始め、ふぐは門の向こう側であわてる鬼に向かってこう言ってやりました。
「鬼は外、ふぐは内」
閉じてしまった門は朝まで開きませんので鬼はがっかりして諦め、ふぐは待っていたひらめと無事揃って極楽の中へ泳いでいきました。

(投稿者: ひかる 投稿日時 2012-2-3 23:27 )


ナレーション常田富士男
出典柴口成浩「東瀬戸内の昔話」より
出典詳細東瀬戸内の昔話(日本の昔話 第12巻),柴口成浩・仙田実・山内靖子,日本放送出版協会,1975年08月20日,原題「ふぐとひらめ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.8889 7.89 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/4 10:05 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)