このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1137
とうげのまごろく
峠のまご六

放送回:0718-A  放送日:1989年09月30日(平成01年09月30日)
演出:杉井ギサブロー  文芸:杉井ギサブロー  美術:西村邦子  作画:柏木郷子
愛知県 ) 7488hit
あらすじ

昔、鎌倉街道がにぎわっていた頃、二村山の峠に「まご六」というキツネがいました。まご六は、威張りくさったサムライの髷(まげ)を上手に取ってしまう「まげとりの名人」でした。

ある日、殿様行列の先駆け(下調べ)を務めるサムライが「俺様がまご六を打ち取ってやる」と、まご六のいる峠に意気揚々とやってきました。サムライは、まご六が化けたであろう娘のいる茶店で酒など飲みながら、様子をうかがっていました。

やがて酔いがまわってきたサムライは、茶店の娘のすすめるまま風呂に入りました。サムライが、娘も風呂に入って来ないかとワクワクしながら待っていると、遠くから「下にー、下にー」と、殿様行列の声が聞こえてきました。

サムライは大慌てで風呂から飛び出し、裸のまま自分の着物と刀を探し回りました。そこへ、サムライの上役(上司)が現れて「殿の使いでありながら、裸で何をしている!成敗いたす!」と、刀で切りつけました。

サムライがハッと気が付いた時には、周囲には殿様行列はおろか茶店も無くなっていました。頭に手をやると、サムライのちょんまげは切り落とされていました。サムライは悔しがりながら、裸のまま峠を下って帰っていきました。

この後も、まご六に髷を取られるサムライは後を絶たなかったそうです。

(紅子 2013-10-18 22:16)


参考URL(1)
http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/kamakurakaidou-8.htm
ナレーション市原悦子
出典小島勝彦(未来社刊)より
出典詳細尾張の民話(日本の民話66),小島勝彦,未来社,1978年05月10日,原題「峠のまご六」,採録地「豊明市」,話者「前山美恵子」,採集「小島和子」
場所について鎌倉街道の二村山の麓(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.3333 8.33 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/18 22:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

60 人のユーザが現在オンラインです。 (45 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)