このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1134
くいしんぼう
食いしん坊

放送回:0716-A  放送日:1989年09月16日(平成01年09月16日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:荒木英樹
宮城県 ) 16767hit
あらすじ

昔ある所に、働き者の善兵衛(ぜんべえ)という男と、大金持ちの金蔵という男が住んでいました。善兵衛は、金蔵から借りた金の利子がどんどん増えていて、とても返せない状態でした。

ある時、善兵衛が粗末な夕飯を食べていると、腹の中から小さな子供が出てきました。この子はくいしん坊と名乗り、「いつも満腹に食ってくれないから、お前の腹から出ていく」と言いました。

善兵衛はくいしん坊から言われた通り、くいしん坊を小さな壺の中にいれて、金蔵との家の境に埋めました。

ある日、金蔵は「金が返せないなら、家の境を3間(さんげん)ほど広げさせてもらう」と言って、柵を壊し始めました。すると、土の中に埋めてあった壺が出てきて、金蔵は喜んで家に持って帰りました。

金蔵が壺のふたを開けてみると、くいしん坊が中から出てきて、金蔵の口に飛び込みました。それからの金蔵は、腹の中のくいしん坊が片っ端から食い荒らすので、贅沢なご飯を食べても食べても腹いっぱいになりませんでした。

ついには金蔵の財産は無くなってしまい、すっかり貧乏になりました。一方、善兵衛は食べれば食べるほど力がついて、働くほどにだんだん金持ちになったそうです。

(紅子 2013-10-14 18:11)


ナレーション常田富士男
出典佐々木徳夫「永浦誠喜翁の昔話」より
出典詳細永浦誠喜翁の昔話:宮城(日本の昔話 第11巻),佐々木徳夫,日本放送出版協会,1975年05月20日,原題「食いしん坊」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.1111 6.11 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/14 18:11 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)