このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1133
ふろやのふくのかみ
ふろ屋の福の神

放送回:0715-A  放送日:1989年09月09日(平成01年09月09日)
演出:小原秀一  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:小原秀一
山梨県 ) 8019hit
あらすじ

昔ある所に、風呂屋の夫婦と医者の夫婦が隣同士に住んでいました。

風呂屋は商売繁盛でしたが、医者の方はヤブ医者だったのでちっとも儲からず、暮らしぶりは貧しいものでした。

医者は隣の風呂屋がうらやましく、いつも何を食べているのか気になり、こっそり覗いてみました。医者の予想に反して、風呂屋の夕食はつつましく、その代りに金の恵比寿さまと大黒さまにたっぷりとご馳走をお供えしていました。

医者夫婦は、「風呂屋が儲かるのは、恵比寿と大黒のご利益に違いない」と思い、その晩のうちに恵比寿さまと大黒さまを盗み出しました。そして医者夫婦は、熱心に商売繁盛を祈願しました。

すると、医者の家に男が駆け込んできて「急病人がいるからすぐ来てくれ」と言いました。医者は「さっそくご利益があった」と、大喜びでカゴに乗り込み、行先も聞かず出発しました。

ところが、医者を乗せたカゴがある山にさしかかったとき、追いはぎに襲われてしまい、医者は身ぐるみ剥がされてしまいました。

怒った医者夫婦は、「福の神なんてとんでもない、粉々に砕いてしまおう」と、恵比寿さまと大黒さまに詰め寄りました。

すると、恵比寿さまと大黒さまが口をきいて、「ワシらは風呂屋の福の神だから、人を裸にするのが商売じゃ」と、笑って言いました。

(紅子 2014/4/3 2:28)


ナレーション市原悦子
出典土橋里木「甲斐昔話集」より
出典詳細甲斐昔話集(諸国叢書),土橋里木,郷土研究社,1930年06月20日,原題「錢湯屋の福の神」,話者「河野豊市」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.8000 7.80 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/4/3 2:28 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

57 人のユーザが現在オンラインです。 (42 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)