このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1101
やまのせいくらべ
山の背くらべ

放送回:0694-A  放送日:1989年04月15日(平成01年04月15日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:フクハラ・ヒロカズ
静岡県 ) 17776hit
あらすじ

昔、日本の山々はのんびり過ごしていました。ある日、日本で一番背の高い山はどの山か、背比べをする事にしました。

加賀の白山は、「駿河の富士山が日本一」という噂を聞くと、そんなはずはないと相当の自信をもって富士山に背比べを申し込みました。すごい勢いで駿河に乗り込んだ白山と富士山の背比べを見物しようと、周辺の山々も駿河に集まってきました。しかし、並んで比べてみても、白山と富士山のどちらが高いのかわかりませんでした。

みかねた雷様から良いアイデアをもらい、二つの山の上に樋(とい)を渡して水を流してみることにしました。雷様に注いでもらった樋の水は、じわじわと白山の方に流れだしました。焦った白山の応援団たちは、履いていた草鞋(わらじ)を白山の頭の上に押し込みましたが間に合わず、とうとう白山の方に水が流れ切ってしまいました。

白山は、すっかり気を落として加賀に帰っていきました。この話を知った人々は、白山に登る時、少しでも背を高くしてあげようと古い草鞋を新しい草鞋と頂上で履き替え、古い草鞋を積み重ねて慰めるという事です。

(紅子 2011-10-22 2:55)


ナレーション常田富士男
出典静岡県
場所について加賀の白山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/22 2:55 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)