このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1092
さんごうばば
三合ばば
高ヒット
放送回:0688-B  放送日:1989年02月25日(平成01年02月25日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:白梅進
三重県 ) 21509hit
あらすじ

昔、三重県に、山之平(やまのひら)という大きな村と、刑部(おさかべ)という小さな村がありました。

この刑部村の人々は、わずかに採れる稗(ひえ)や粟(あわ)、薪(たきぎ)などを背負って山之平まで行って、塩や干物などに交換していました。山之平への往来は、険しい山道が続くのでとても危険な道のりでした。

刑部村の「ちんどんの森」という所に、一人の婆さまが住んでいました。ある時、この婆さまが、偶然に山之平までの抜け道になっている大穴を見つけました。婆さまは、こっそり自分だけで抜け道を使い、毎日々、薪を山之平まで持っていっては美味しい食べ物と交換していました。

それから随分たったある日、婆さまが抜け道から出てくるところを、隣の爺さんに見つかってしまいました。婆さまは仕方なく、抜け道使用料として粟1合をもらって、抜け道を使わせてやる事にしました。すると、他の村人たちも粟1合で抜け道を使うようになりました。

婆さまも欲が出てきて、粟2合に値上げしました。それでも、村人たちは2合払って抜け道を使いましたが、中には勝手に抜け道を使う者もでてきました。そこで婆さまは、さらに粟3合に値上げし、抜け道の前に座り込み見張る事にしました。

貧しい村人たちは、粟3合も払えないと、抜け道を使う人も数少なくなりました。それでも毎日見張り続けた婆さんは、髪はボサボサ目だけはギョロリと光り、まるで化け物のように恐ろしい形相になり、村人から「三合ババ」と呼ばれるようになりました。

数年後、工事が難航していた隣村までの近道が、ようやく完成しました。村人たちは、この安全な近道を通るようになりましたが、3合ババはまだ穴の前で見張り続けました。その後、3合ババがどうなったのか、その消息はもう誰も知らないそうです。

(紅子 2012-8-8 3:19)


ナレーション常田富士男
出典三重のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細三重のむかし話(各県のむかし話),三重県小学校国語教育研究会,日本標準,1977年08月01日,原題「三合ばば」,再話「池田昭」
場所について抜け道はこの辺かも(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.2500 8.25 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/8 3:19 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)