このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1063
ぼうさんのてつだい
坊さんの手伝い

放送回:0671-A  放送日:1988年10月15日(昭和63年10月15日)
演出:泉真一  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:上口照人
愛知県 ) 10182hit
あらすじ

昔ある村に、働き者の与平という男とその妻がおりました。与平夫婦の田んぼは、猫の額ほどの小さなものでしたので、二人の生活は決して楽ではありませんでした。

明日が稲刈りという晩、汚い身なりで臭いニオイの旅の坊さんが訪れました。夫婦はいつものニコニコ顔で坊さんを招き入れ、お風呂をわかし、汚れた衣を洗い、大根を全部料理してご馳走してあげました。

翌朝、目を覚ました夫婦が稲刈りに出かけようとすると、坊さんが「是非、稲刈りを手伝わせてくれ」と言い出しました。夫婦は「狭い田んぼで一日もかからないから」と、丁寧に断りましたが、坊さんの強い希望で三人で稲刈りをする事にしました。

坊さんはいかにも楽しそうに、唄を歌いながらサクサクと稲を刈っていきました。夫婦もつられて一緒に歌いながら、一日中気持ちよく働き、沢山の稲を刈りとりました。夕方になりふと田んぼを見ると、去年と同じくらい刈り取ったハズなのに、まだまだ沢山の稲が残っていました。

翌日も三人で精一杯、稲刈りをしましたが、それでもまだ田んぼに半分の稲が残っていました。また翌日も三人で必死で稲刈りをして、どうにか夕方ごろに全部の稲を刈りとる事ができました。不思議な事に、刈り取った稲は去年の何十倍もの量になりました。

こんな事があってから、与平夫婦の田んぼからは、毎年たくさんの米がとれるようになり、これまで世話になった村人たちにも分けて回るようになりました。さらに翌年には、夫婦に子宝も恵まれて、二人はいつまでも幸せに暮らしました。

村人たちは「坊さんはきっと弘法大師だったのだろう」と、うわさしました。

(紅子 2012-7-25 3:20)


ナレーション市原悦子
出典愛知のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細愛知のむかし話(各県のむかし話),愛知のむかし話研究会,日本標準,1978年09月01日,原題「新田の与平さ夫婦」,再話「吉田理」,名古屋の民話たずねて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5000 8.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/25 3:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)