このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1059
おんだのはつれん
恩田の初連

放送回:0668-B  放送日:1988年09月24日(昭和63年09月24日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:白梅進
愛知県 ) 15949hit
あらすじ

昔、愛知県の刈谷市恩田町は広い原野で、ところどころに小さな林がありました。

その中でも一番大きな竹林には、初連という立派な白狐が住んでいて、この辺りのリーダーでした。初連には大変な神通力(じんつうりき)があって、豊川稲荷の平八狐(へいはちぎつね)にも勝るとも劣らぬ強さでした。こんな初連でも、自分の子供の前では普通の優しい母親でした。

ある時、狩りに訪れた刈谷のお殿様一行が、竹林の中にある松雲院に立ち寄って休んでいました。お伴の家来たちも、竹林の中で自由な時間を楽しんでいましたが、家来の一人が初連の巣穴を見つけました。巣穴の中には、一人で留守番をしていた初連の子供がいました。

家来たちは、近々行われるお殿様と大名の姫君さまとの婚礼の時に、姫へプレゼントしようと考え、子狐を捕まえて城へ帰っていきました。巣穴に帰って来た初連は、我が子が城へ連れ去られた事を知り怒り狂いました。

初連は、仲間の狐たちを大勢集めて、城へやってくる花嫁行列に化け、殿様のいる城へ乗り込みました。まんまと殿様をあざむいた初連は、子狐を連れて恩田の森に帰っていきました。

これを知った殿様は、怒るどころか初連の子を思う親心に強く感心し、あれほど好きだった狩りもぷっつりと止めてしまいました。

(紅子 2012-7-30 3:49)


参考URL(1)
http://www.city.kariya.lg.jp/history/haturen2.html
参考URL(2)
http://www.nucoop.jp/me-dia/0707/images/0707-03.jpg
ナレーション常田富士男
出典愛知県
場所について松雲院(初蓮が住んでいた所)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5000 8.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/30 3:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)