このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1054
あばれじか
あばれ鹿

放送回:0665-A  放送日:1988年09月03日(昭和63年09月03日)
演出:河内日出夫  文芸:沖島勲  美術:西澤恵美子  作画:河内日出夫
静岡県 ) 13739hit
あらすじ

昔、伊豆は函南村(かんなみむら)の辺りでは、夜な夜な2頭のつがいの大鹿が現れ、田畑を荒らしまわるので、村人は大層困っていた。そこで村人は、猟師の勘七(かんしち)に大鹿を退治してくれるよう頼んだ。

勘七は火縄銃を持つと、猟犬とともに狩野川(かのがわ)の川べりにやってきた。そこで夜が来るのを待ち、大鹿を待ち伏せようというのだ。

さて、夜になると、勘七が思ったとおり2頭の夫婦(めおと)の大鹿が手前の畑に現れた。勘七は、大鹿を火縄銃が撃てる所まで引き付けるため、猟犬を大鹿の後ろからけしかけた。猟犬にけしかけられた大鹿は、勘七の目論見どおり勘七の前に走って来る。

ところが、2頭の大鹿は勘七の目の前で大きく飛び跳ねたのだ。勘七は不意を突かれたものの、かろうじて雄鹿を撃つことが出来た。しかし、勘七の放った弾は確かに雄鹿に命中したのだが、不思議なことに雄鹿の姿はどこにも見当らなかった。

夜が明けてから勘七が辺りを見回すと、2頭の鹿の足跡が村の方へと続いている。勘七が足跡を追うと、それは興聖寺(こうしょうじ)の境内で途切れていた。勘七が住職に事情を話し、寺の本堂を調べていると、勘七の猟犬は住職の寝室の方に向かって吠えている。勘七が寝室を開けると、そこには見事な夫婦の鹿の襖絵(ふすまえ)があった。勘七が近づいて見てみれば、なんと雄鹿の胸には勘七に鉄砲で撃たれた傷があるではないか。

この大鹿の襖絵は、さる高名な絵師によって描かれたもので、その出来栄えがあまりに見事だったゆえ、ふすまの中から大鹿が現れ出たのだった。しかしこの夫婦の大鹿、勘七に鉄砲で撃たれてからは、恐れをなしたのか、襖の中から出て来ることは二度となかったそうだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2011-11-5 12:50 )


参考URL(1)
http://kannami13.sakura.ne.jp/culture-fusumae.html
ナレーション市原悦子
出典静岡のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細静岡のむかし話(各県のむかし話),静岡県むかし話研究会,日本標準,1978年10月02日,原題「ふすま絵の大ジカ」
場所について興聖寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/5 12:50 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)