このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1043
からすのぎょうずい
カラスの行水

放送回:0658-A  放送日:1988年07月16日(昭和63年07月16日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:辻伸一
福井県 ) 16548hit
カラスの嫁さんは、風呂からあがるのが早い

昔ある所に、一人の貧乏な男がいました。

貧乏すぎで嫁をもらう事ができないので、今日も男はボヤキながら、あぜ道に寝転がっていました。日もとっぷりと暮れてきたので、男が家路についているとどこからかカランコロンと下駄の足音が聞こえてきました。

やがて男の後ろから、若い女が小走りでかけてきました。そして女は突然「オラを嫁さんにしてください」と、男に言いました。男はビックリしましたが、女とそのまま結婚し、二人仲よく新婚生活が始まりました。

嫁になった女は、毎日の農作業も一生懸命に働きました。しかしこの嫁さんはたいへんな風呂ギライで、なかなか風呂に入りませんでした。男は、あんまり嫁が汚れたままなので、ついに「今日こそ風呂に入れ」と怒鳴りました。嫁はしぶしぶ風呂に入りましたが、あっという間にキレイに洗って上がってきました。

男は、毎回あっと言う間に風呂からあがってくる嫁がとても不思議でした。一度確かめてみようと、嫁の風呂をこっそり覗いてみると、なんと真っ黒いカラスがいました。男が驚いて声をあげると、嫁のカラスは「ワテにはワテの風呂の入り方があったのに、悲しいわぁ」といって、飛び去っていきました。

カラスはそれっきり戻ってくることはありませんでした。こんな事があってから、風呂に入ってすぐあがってくる事を「カラスの行水」と言うようになりました。

(紅子 2012-11-19 23:12)


ナレーション常田富士男
出典福井のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細福井のむかし話(各県のむかし話),福井のむかし話研究会,日本標準,1977年12月10日,原題「カラスの行水」,話者「宮田すて」,再話「広部英一」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/19 23:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)