このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1041
わらしことねむのはな
わらしことネムの花

放送回:0656-B  放送日:1988年07月02日(昭和63年07月02日)
演出:上口照人  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:千田幸也
山形県 ) 12016hit
あらすじ

昔ある村に、「東の長者」と「西の長者」と呼ばれる二人の長者がいました。

東の長者には娘の童(わらし)が、西の長者には男の童がいました。長者たちはたいへん子どもを可愛がっていたので、どこに出かけるにもいつも子供を連れて行きました。しかし、二人の長者が顔をあわせるごとに喧嘩するものだから、いつも子供たちは悲しい思いをしていました。

ある日、東の長者が「夏祭りの前に氏神様を建て直すように」と村人たちに言いつけると、それに負けじと西の長者は「ならば寺を建て直せ」と村人たちに言いつけました。村人たちは田んぼの仕事もあるのに、無理をしてヘトヘトになりながら建築工事を行っていました。

そんな重労働が続く中、長者の子ども達がいなくなりました。二人の長者は血相を変えて、村人と総出であちこち探し回りましたが、日も暮れても子供たちは見つかりませんでした。二人の長者は、山のお地蔵さんに頼もうと山頂まで行ってみると、そこには二人の童が手をつないだまま仲良く眠っていました。

スヤスヤ眠る童たちの寝顔を見ていると、子どもの手にしていた小枝の先に、薄もも色の花が咲きはじめました。みるみるうちにこの花は周辺の木々にも咲きはじめ、あたり一帯が花でいっぱいになりました。

この美しい様子にすっかり心が優しくなった二人の長者は、もう意地の張り合いはやめようと、お互いに仲直りしました。夕方になると可憐な花を咲かるこの木を「ねむの木」と呼び、村のあちこちに植えられるようになりました。

(紅子 2012-9-20 18:38)


ナレーション市原悦子
出典山形のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細山形のむかし話(各県のむかし話),山形とんと昔の会、山形県国語教育研究会,日本標準,1978年09月01日,原題「わらしことネムの花」,採録地「置賜」,文「須藤克三」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.5000 6.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/20 18:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (31 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)