このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0104
としがみさま
年神さま
高ヒット
放送回:0064-B  放送日:1976年12月25日(昭和51年12月25日)
演出:樋口雅一  文芸:沖島勲  美術:山守正一  作画:八木大
九州地方 / 要調査 ) 22921hit
あらすじ

大晦日、みすぼらしい姿の神様が、一晩泊めてくれるよう家々を訪ねます。

どこでも断られますが、ある貧しい夫婦(元は長者)が「何もありませんが」と喜んで泊めてあげる。当然、神様から二人に福が授けられるのですね。「金欲しいか?歳若さ欲しいか?」っていう問いに「歳若さ」と答えます。「川で七度、水を浴びよ」との仰せに従うと二人は若返りました。

そのことを知った金持ち夫婦が、神様を強引に家に引っ張りこんで歓待、神様は同じようにお礼はどちらがいいか聞きます。金持ち夫婦も「歳若さ!」。ところが、一族を引き連れて川に入った金持ちは、全員「猿」になってしまう。神様は若返った二人に、これからは金持ちの家で暮らすようにと言って去っていきます。

けれど、怒った猿達が毎日、元の我が家の周りでわめき続けるので、二人は困惑。すると、夢に神様が現れて「門の前の敷石を焼いておきなさい」というお告げ。そのようにすると、猿達がいつものようにやってきた。不思議なことに全員が一度空中に持ち上げられて、一気に敷石の上に尻から落とされる。ジューッ!!猿は逃げ、二度と現れなかった。そうです、以来、お猿の尻は真っ赤になったのさ。

(引用:『萬雅堂』便り)


参考URL(1)
http://d.hatena.ne.jp/manga-do/20061101
ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細神々の物語(日本の民話03),瀬川拓男,角川書店,1973年10年25日,原題「さすらいの年神さま」,伝承地「九州沖縄地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.5000 7.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/31 18:37 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)