このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1023
きたがもりのどんこ
北が森のドンコ

放送回:0645-A  放送日:1988年04月16日(昭和63年04月16日)
演出:細谷秋夫  文芸:沖島勲  美術:なべしまよしつぐ  作画:細谷秋夫
愛媛県 ) 8911hit
あらすじ

むかし、愛媛県広田の北が森という所に、日照りの時も水の枯れない池があった。その池には三尺もある赤と黒の二匹のドンコが住んでおった。村人たちは祠を立ててドンコを祀り、毎日たくさんのお供え物をしておった。

北が森の近くの河原には、たくさんの河童が住んでおった。ある夜、小太郎という若い河童が、ドンコを退治してお供え物を横取りしようと、北が森の池に向かったそうな。

小太郎は池に着くと、池に石を投げこんでみた。じゃが水の中のドンコは全く動かず、眠っているようじゃった。小太郎はドンコが目を覚まさないように、素早く二匹を岩の上に引っ張り上げた。それでもドンコはやっぱり動かんかったそうな。

小太郎はすっかり気が大きくなり、祠を蹴倒し、お供え物をむしゃむしゃ食べた。そうして《背中からチリチリ炙って皆で喰ってやろう》と思い、ドンコを背負って歩き出した。

ところが、いくら歩いても同じ所をぐるぐる回っているようで、ちっとも前に進めない。そして、背中のドンコがどんどん重くなってきて、とうとう小太郎はドンコの重みで動けなくなってしもうた。

その時、「ドンコ、どこへ行くんじゃ?」と一匹の大蛇が現れた。すると二匹のドンコは目を開き「背中を炙りに行くんじゃ。この河童が背中をチリチリ炙ってくれるんじゃと」と答えたそうな。「ドンコは、おらが考えてたこと全部分かっておったのか……」小太郎は、必死でドンコに謝った。すると二匹のドンコは呵呵と笑い、池の中へ姿を消していった。

小太郎はしばらく呆然と池を眺めておったが、慌てて祠を元通りにし、河原に逃げ帰った。それ以来、小太郎はけして池のお供え物を羨ましがることなく、北が森の池に近づくこともなかったそうな。

そうして、池はそれからもどんな日照りにも枯れることなく、村人たちを守り続けたということじゃ。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2012-9-17 10:19)


ナレーション常田富士男
出典愛媛のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細愛媛のむかし話(各県のむかし話),愛媛県教育研究協議会国語委員会、愛媛県教育会,日本標準,1975年11月10日,原題「北が森のドンコ」,話者「門田正市」,再話「亀岡孝次郎」
場所について愛媛県伊予郡砥部町の旧広田地区(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/17 12:35 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)