このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1018
わかがえりのくすり
若返りの薬

放送回:0642-A  放送日:1988年03月26日(昭和63年03月26日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:柏木郷子
沖縄県 / 要調査 ) 9672hit
あらすじ

昔、沖縄に雀と雲雀の兄弟が居た。兄の雀をミシツンナー、弟の雲雀をチンチンナーと言った。

ある時、神様が人間の為に若返りの薬を作り、チンチンナーに命じてそれを人間の体に塗ってくるように言った。

かしこまって出かけたチンチンナーだったが、人間の所へ行く途中、大好きなキイチゴが一面に実っている野原を通りかかり、それに惹かれたチンチンナーは、薬の瓶を置いて少しだけ少しだけ……とキイチゴを食べだした。

チンチンナーがキイチゴに夢中になって薬の瓶から離れていた時、そこに蛇がやってきた。薬の瓶を見つけた蛇は、これは気持ちいいと薬を体に浴びては塗り、殆どを使い切ると去って行った。

そして用事を思い出したチンチンナーが慌てて戻ってくると薬が殆どなくなっている。愕然としつつもなす術もなく神様の所へ戻り、事情を話すチンチンナーに神様はカンカンに怒り、脚を縛って柱に結び付けるお仕置きをした。

解放されても引っ張られた脚が痛いと泣くチンチンナーを哀れに思ったメシツンナーは、何とか許して貰えないかと神様に掛け合った。すると神様は、メシツンナーがチンチンナーの代わりに薬のお使いを果たして来れば許すと言う。

しかし薬の残りは僅か。困ったメシツンナーは、人間の所へやってきて、寝ている人間の髪の毛、手足の先にちょっとずつ残りの薬を塗り付けるしか出来なかった。

それでも神様はお使いを果たしたメシツンナーを褒め、ご褒美として人間の食べ物である米を好きなだけ食べてよい事にした。

それからというもの、薬を全身に浴びた蛇は皮が古くなっても何度も脱皮するようになり、人間の髪や手足の爪は切っても切っても伸びてくるようになったそうな。

そして雀は秋に米をついばむようになり、雲雀の脚は細く長く伸びたのだという。

(投稿者:すず猫 投稿日時 2014/3/22 22:07)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/3/23 2:00 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)