このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1017
おおねいりのねるべえ
大寝いりの寝兵衛

放送回:0641-A  放送日:1988年03月19日(昭和63年03月19日)
演出:上口照人  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:上口照人
秋田県 ) 13755hit
あらすじ

昔、寝ることが大好きな五兵衛(ごへえ)という男がいました。所かまわず寝入ってしまうこの男の事を、村人たちは「寝兵衛(ねるべえ)」と呼んでいました。

ある時、久ぶりに手に入れたサバで味噌煮を作ろうと、囲炉裏で調理を始めました。五兵衛はいつの間にか眠ってしまい、ハッと目をさますと囲炉裏の火は消えていました。

五兵衛は隣の家にに火種をもらおうと、暗い中外へ出ました。しかし不思議なことに、村には家が一軒もありませんでした。五兵衛がトボトボ夜道を歩いていると、やがてある長者の家にたどり着きました。

家の中では、長者の家族がオイオイと泣いていました。今夜、化け物が一人娘をさらいにやって来るそうで、五兵衛はつい「オラが退治してやる」と言ってしまいました。

五兵衛は、箱の中に入って化け物が来るのを待っていました。やがて現れた巨大な化け物を、五兵衛は持っていた大きいカマの一撃で退治しました。

これに喜んだ長者は「ぜひ一人娘の嫁になってくれ」と言い出し、五兵衛はとうとう長者の家に婿入りすることになりました。

何やらとんとん拍子で事が進み、喜んだ五兵衛が娘に抱き着くと、そこにはおいしそうなサバの味噌煮がありました。五兵衛がハッと気が付くと、そこは自分の家でした。

なんと、今までの事は全部夢で、五兵衛は三年間も眠り込んでいました。この事から、村人たちは五兵衛のことを「大寝入りの寝兵衛」と呼ぶようになりました。

(紅子 2013-10-13 1:44)


ナレーション市原悦子
出典武藤鉄城「角館昔話集」より
出典詳細角館昔話集(全国昔話資料集成 第12巻),武藤鉄城,岩崎美術社,1975年04月15日,原題「大寝入りの寝兵衛」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.3333 6.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/13 1:44 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)