このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1005
さるとどんびき
猿とどんびき

放送回:0633-A  放送日:1988年01月23日(昭和63年01月23日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
岐阜県 ) 11126hit
あらすじ

むかしむかし、ある寒い冬の日、猿とどんびきが連れだって村へと歩いておった。どんびきとは、かえるのことじゃよ。

さて、くたびれて歩くのが嫌になった猿どんは悪知恵を働かせ、「グーなしのじゃんけんで、勝った方が負けた方におんぶしてもらって村まで行く」という勝負をどんびきどんにもちかけた。

「じゃんけんぽん!」どんびきどんはパー。猿どんはチョキ。どんびきどんの手は水かきじゃからチョキは出せんのじゃ。負けたどんびきどんは、村まで猿どんをおんぶしていったそうな。

村の家の庭ではちょうど餅をついておって、二匹は早速、餅を盗み出すことにした。まず、どんびきどんがおとりになって家の台所で大きな声で鳴いた。すると人間達が台所に集まってきたんじゃと。猿どんはその間に、白いふかふかの餅が一杯入っている臼を持って、丘の上へ逃げて行ったそうな。

じゃが、猿どんは餅を一人占めしたいと思いはじめた。そこで、猿どんは「丘の上から餅の入った臼を転がして、先に餅にたどり着いた方が全部食べる」という勝負をどんびきどんにもちかけた。こうして二匹は、また勝負をすることになった。

ところが臼を転がしたとたん、猿どんは臼の上に乗っかったそうな。猿どんを乗せた臼はどんびきどんを後ろに残し、凄い勢いで坂を転がっていった。じゃが途中に大きな石があったから堪らない。臼は大石に乗り上げ、猿どん諸共跳ね飛ばされてしもうたんじゃと。

そうして臼の中の餅も投げ出され、大石の傍のツツジの木の枝に花のようにくっついてしもうた。そうしてそのツツジの木の下には、どんびきどんがちょこんと座っておったんじゃ。

こうして勝ったどんびきどんは、ツツジの枝から落ちる餅を一人で美味しそうに食べたそうな。その後、猿どんは山に帰り、どんびきどんは里に降りて冬ごもりをしたそうじゃよ。

それから、ツツジの枝についた白く柔らかいものを“つつじ餅”と呼ぶようになったそうじゃ。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-11-16 23:54) 


ナレーション市原悦子
出典江馬三枝子(未来社刊)より
出典詳細飛騨の民話(日本の民話15),江馬三枝子,未来社,1958年12月20日,原題「猿とどんびき」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/11/17 2:28 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)