No.0985
きのこのばけ
茸の化け
高ヒット
放送回:0621-A  放送日:1987年10月24日(昭和62年10月24日)
演出:塚田洋子  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:塚田洋子
秋田県 ) 29646hit
あらすじ

昔、ある山奥に婆様が一人で住んでいた。

ある夜のこと、婆様が糸を紡いでいると、いつの間にやら16~7歳の娘が三人、目の前に座っていた。「森の奥はまっぐらげ~、オラたちゃあばの家がええ~」不思議な娘たちの歌に聞き入っていた婆様はボーっとしてきて、いつの間にか朝になっていた。次の晩も娘達はやってきて、一晩中騒いではいつの間にかいなくなっていた。

こんな夜が七日七晩続き、婆様は日増しに痩せてまるで生気を吸い取られたようにぐったりとしていた。婆様は、娘達の歌の中に出てくる「うすい峠の法覚坊(ほうかくぼう)」にこの事を相談してみることにした。すると法覚坊は、「化け物の仕業だから茄子を煮てごちそうすれば大丈夫だ」と、教えてくれた。

さっそく婆様は、夜になり訪れた三人娘にナス汁をご馳走することにした。一口食べた娘達はぎょっとした表情になり、お婆さんもそのまま気を失って倒れてしまった。どのくらい経ったか、気がついてみるともう娘達の姿はなく、座っていた所にはお椀が三つふせて置いてあった。婆様がお椀を持ち上げてみると、お椀の下にはキノコがあった。

実は、三人娘の正体は山の茸だった。山の茸が娘に化けて、婆様を憑り殺そうとしていたのだった。それ以来、茸を食べる時はなるべく茄子も一緒に食べるようになったそうだ。

(紅子 2011-10-25 2:00)


参考URL(1)
http://common.pref.akita.lg.jp/koholib/search/html/222/222_030.html
ナレーション常田富士男
出典今村義孝(未来社刊)より
出典詳細秋田むがしこ 第一集(日本の昔話09),今村義孝,未来社,1959年9月30日,原題「きのこの化けもの」,採録地「仙北郡南外村」,話者「堀井徳五郎」
場所について秋田県仙北郡南外村(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:秋田県仙北郡南外村(地図は適当)
追加情報
このお話の評価9.5556 9.56 (投票数 27) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/25 2:00 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 32  件):   <前  1 ..  21  22  23  24  25  26  27  .. 32  次>  
コメント一覧
10件表示 (全12件)
ゲスト  投稿日時 2016/7/12 12:20
茸の化は具現化系の念能力者で、自身の虚像を三体まで具現化する事が可能。その制約は『自身の弱点を教える』こと。
ゲスト  投稿日時 2016/7/9 13:35
自分の弱点をベラベラ語って自滅した
間抜けなお化けだ。
もみじ  投稿日時 2015/2/13 0:19
霊験あらたかなお坊さんを想像していたら、
出てきたお坊さんが、豪快すぎた(・ω・;)
ガハハと笑いながらナス汁?をがっつがっつ食べてたけど、
食べながら人の相談聞くとか良いのか…。
今、自分の食べてるもの言った感が半端ないのだが、
対処法がしっかり当たってる手前、
これはキノコ娘が怖がるのも道理だと思った。
ゲスト  投稿日時 2015/2/12 21:42
こわい、こわすぎる、トラウマになりそう。
ゲスト  投稿日時 2014/10/13 23:23
弱点を歌に乗せてわざわざ教えたのは、洋の東西を問わず妖怪や魔物の逃れられぬ宿命ですね
魔と契約して妖力を得る代わりに「自分の弱点を口にしなければならない」というやつです
グリム童話なんかでもそんな感じのお話ありますもんね(がたがたの竹馬小僧など)
しかしこの話、娘たちのイっちゃった目が何より恐ろしかった…
(なす汁を食べた時の反応が某料理漫画のあの方の「うーまーいーぞー!」みたいだと思ったのは秘密だ)
ヨーさま  投稿日時 2014/8/19 3:09
三白眼の娘がユラユラ踊る姿が不気味過ぎる。
ゲスト  投稿日時 2014/6/15 10:55
とり殺そうとしてた割りには、歌の中で解決方法を示唆するなんて親切じゃないか、と。
これって「毒素排出の知恵」を教えるお話なのかな。
beniko  投稿日時 2011/10/25 16:44
峠の場所も漢字表記もはっきり判明しないので、とりあえず地図は秋田県仙北郡南外村周辺という事で適当にマッピングしました。教えてもらってありがとうございました。
うすい峠の法覚坊に知らせたら~ぁ、おらの命はたんまらねぇ~。
やっさん  投稿日時 2011/10/25 13:44
より詳しい情報がありました。昭和55年の「あきた」という広報誌によれば、秋田県仙北郡南外村(今の大仙市南外)に伝わる昔ばなしだそうです。

あと、お坊さんの漢字は法覚坊でした。やはり法覚坊の方がお坊さんらしい名前ですね。

http://common.pref.akita.lg.jp/koholib/search/html/222/222_030.html
beniko  投稿日時 2011/10/25 12:29
碓氷、臼井、薄井、いろいろ地名があってどこかなーって調べるも、判断に困っていました。秋田の薄井なんですね、教えてもらってありがとうございました。
投稿ツリー
10件表示 (全12件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)