No.0942
おおからす
大からす

放送回:0593-A  放送日:1987年04月04日(昭和62年04月04日)
演出:上口照人  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:上口照人
熊本県 ) 10639hit
あらすじ

ある日男が鉄砲をかついで歩いていると、大きなカラスに出会った。

カラスは男が持っている鉄砲に興味を示し、是非撃って見せろと言う。男は撃った。カラスは木の枝から真っ逆さまに落ち、下の草むらに落ちた。男が近寄ってみると、あるはずの死体がなかった。

その夜、男が家で鉄砲の手入れをしていると、死んだはずのカラスが羽で胸を押さえながらやってきた。カラスは「お前がさっき撃った鉄砲痛かったぞ。胸に大きな穴があいてしまってな」と言って、カラスは押さえていた羽を離すと、そこには赤黒くぽっかりと大きな穴が開いていた。

カラスは「今度は俺が撃つ番だ」と、男に詰め寄った。これはまずいと思った男は、こっそり弾を隠し、からの鉄砲をカラスに渡した。 カラスはしばらく鉄砲を眺めていたが、やがて男に向かって引き金を引いたので、男は仰向けに倒れて死んだふりをした。

男が死んだと思い、カラスが男にあるはずの穴を探し始めた。「穴はどこだ?穴は?」男をひっくり返し、服をめくり、弾痕をさがす。やがて、カラスはふんどしの中を覗き込み、穴を見つけて声をあげた。尻をまさぐられ、くすぐったさに我慢しきれなかった男は、ぶおぉぉおおんん!と、大音量の屁を放った。

屁の勢いに飛ばされたカラスは、屋根を付き抜け空に飛ばされてしまった。

次の朝、男が昨日カラスに出会った木の下まで来ると、あの大カラスが死体となって転がっていた。心臓を打ち抜かれても死ななかったカラスだが、男の放った一発の屁で死んだ。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典荒木精之(未来社刊)より
出典詳細肥後の民話(日本の民話27),荒木精之,未来社,1960年06月30日,原題「大からす」,採録地「熊本市」,話者「山本かをめ」
場所について大津街道の黒川近くか(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:大津街道の黒川近くか(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1 ..  24  25  26  27  28  29  30  .. 40  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

63 人のユーザが現在オンラインです。 (53 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)