トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  鹿児島県 >  掛け波やっさ
No.0930
かけなみやっさ
掛け波やっさ

放送回:0585-A  放送日:1987年02月07日(昭和62年02月07日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:亀谷三良  作画:山崎鏡子
鹿児島県 ) 5440hit
あらすじ

昔ある山奥に、貧乏暮らしの炭焼き夫婦がいました。

亭主の与作は極端に寒がりで、冬がやってくると仕事もままならない程でした。カミさんは仕方なく「これで着物一枚でも買ってきなさい」と、与作に銭を渡して町へ行かせました。

町に行く途中、与作は海でさっそうと舟の櫓(ろ)をこぐ、男たちを見かけました。男たちは寒空の中でもふんどし一丁の裸で、体から湯気をたてながら勇ましく漕いでいました。この様子に感心した与作は、呉服屋ではなく舟大工の店へ行き、長い櫓を買って家に帰りました。

与作はカミさんに櫓を見せて「これさえあれば着物はいらない」と言って、裸になって炭焼き窯の上に飛び乗りました。そして「やっさ、やっさ、えっしんえっしん」と、一心不乱に歌いながら櫓をこぎ海の男たちのマネをし始めました。

あきれたカミさんは、手桶に入った水を与作にぶっかけましたが、与作はまったく気にせず櫓をこぎ続けました。やがて与作の体からは、もうもうと湯気があがりはじめました。楽しそうに櫓をこぎ続ける与作に、カミさんも「体を動かせば寒くなかろう」と笑顔になりました。

それからの与作は、毎日の寒さをぶっ飛ばすように、元気いっぱい働くようになりました。

(紅子 2012-11-17 3:26)


ナレーション市原悦子
出典下野敏見(未来社刊)より
出典詳細屋久島の民話 第二集(日本の民話38),下野敏見,未来社,1965年02月25日,原題「掛け波やっさ」,採録地「屋久町安房」,話者「安藤大太郎」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.6000 7.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/17 3:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  21  22  23  24  25  26  27  .. 38  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2017/3/9 14:49
このお話は一番好きです。話が終わった後、いろいろ考えさせられました。
beniko  投稿日時 2013/7/10 22:35 | 最終変更
出典元の調査は、昨年(2012年)中にaraya氏中心に行い、ほぼ完了しております。
不明なのは、のこり12話です。

出典元については、以下のページにまとめてますので、リンク先ページをご確認ください。
http://nihon.syoukoukai.com/modules/page/index.php?content_id=123
ゲスト  投稿日時 2013/7/10 18:03
日本の民話25 屋久島篇 第二集 下野敏見編に載っていました。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)