No.0922
さんかくのゆめ
三角の夢

放送回:正月特番  放送日:1987年01月02日(昭和62年01月02日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:門野真理子  作画:志村宣子
要調査 / 新潟県 ) 6157hit
あらすじ

昔越後のある村にある夫婦が住んでいた。ある年の元旦、お互いに見た初夢を話す約束をして眠った。

次の朝女房が目を覚まして男をを見ると、男は眠りながら笑っている。ずいぶん楽しい夢を見ているのだと思って女房は男を起こし、今見た夢を話してくれと言った。だが男は夢など見ていないと言い、2人はけんかになってしまった。

そこへ村の庄屋がやって来て2人を戒めた。女房は庄屋に言われて家に戻ったが、庄屋はなかなか話さない所を見るとかなり面白い夢を見たのだと思い、誰にも話さないから自分だけに話せと言った。だが男は夢など見ていない。そう言われた庄屋は怒り村から出ていけと言った。村を出ていけとは穏やかでないので、男は奉行所に願い出た。そしてお裁きを受け、お奉行は男の味方をした。

そして2人が帰る途中、代官は男のみを呼び止めた。そして誰にも話さないから自分にだけ夢の話をしろと言った。だが男は夢など見ていないと言う。それを聞いたお奉行は怒り、山の上の松の樹に縛り上げてしまった。男は困ってしまったが、その時一陣の風が吹いて縄が切れた。

するとそこに天狗が現れた。そして天狗は助けてやったのだから夢の話をしろと言い出した。だが男は夢など見ていない。すると天狗は持っていた棒を男にやった。それは空を飛べる棒だった。それとひきかえに話せと言ったが男はその棒を振って空に舞い上がった。ずっと飛んでいくうちに男は腹が減ってきた。

ある所で降りてみるとそこはソバ屋で、屋根も窓も全部三角だった。中に入ってみるとイスも机も三角で、店の主人も三角だった。そして出されたソバも三角の器、三角の盆、三角の箸だった。 男は腹が減っていて一気にソバを食べたが、金を持っていないことに気がついた。すると主人は「ならば初夢の話をしろ」と言って天狗に変わり、天狗の棒を取り上げてしまった。

男は天狗から逃げながら本当に夢など見ていないと必死に言った。それを確認した天狗は空に去っていった。男はこれで助かったと思い、思わず笑顔になった。その時男は家の布団で眠りながら笑っていた。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細越後の民話(水澤謙一,未来社)かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  38  39  40  41  42  43  44  .. 78  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2016/12/9 22:17
で、目が覚めたら忘れるんだろうか
愛善院  投稿日時 2016/8/20 14:33
落語では「天狗裁き」ですね。
ゲスト  投稿日時 2015/1/10 19:09
夢オチw
ある意味出落ちw
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (38 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)