No.0897
からすとたにし
烏とたにし

放送回:0565-A  放送日:1986年09月13日(昭和61年09月13日)
演出:殿河内勝  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:殿河内勝
山口県 ) 4658hit
あらすじ

昔、周防の国の長門に山里があった。山里には沼があって、タニシがいっぱい住んでおった。タニシ達は沼の底で毎日、静かに暮らしておったが、その中の一匹のタニシは、そんな暮らしが退屈でたまらず、一度沼の外に出て、昼寝をしたらどんなに気持ちが良いだろうかと思うようになった。

さて、このあたりの野山にはカラスがおった。このカラス、性悪ではなかったが、鳴き声がうるさく、見た目も真っ黒なので他の動物たちから邪険にされていた。そんなカラス、自分では姿も美しく、美声の持ち主だと思っていたので、他の動物たちからそう思われるのは心外だった。

一方、タニシは沼の上の事を考えると夜も眠れないようになり、ある日とうとう沼の外へ出て行った。そして一晩かけて沼の上に突き出ている石の上までやって来た。

ちょうどそのころ、カラスが朝飯を探していた。すると沼の石の上にタニシが寝ておった。タニシはちょっと昼寝のつもりが、疲れが出てすっかり眠り込んでしまっていたのである。カラスにつかまりタニシは後悔したが、もうどうすることもできなかった。めったに無いごちそうにカラスはすっかりご機嫌になり、お気に入りの場所でタニシを食べようとした。

するとタニシは「あなたはとても美しい姿をしている。声もきっと美しいのだろう。食べられる前にあなたの声を聞かせてほしい。」とカラスに言った。

カラスはこれを聞いて嬉しくなり、大声で鳴いた。さて、それではタニシ食べようと、カラスが口ばしを伸ばすと、タニシはまたこんなことを言った。「あなたの美しい声を、仲間たちにも聞かせてやりたい。それからあなたに食われましょう。」

カラスはますます上機嫌になり、タニシをくわえてタニシが暮らしていた沼の所まで飛んで行った。

沼の所まで来るとタニシは「さぁあなたの鳴き声を聞かせてください」と言った。お世辞に乗せられたカラスは、そこで「カー」と鳴いた。するとタニシはそのまま沼の中へと消えて行った。カラスは悔しがったが、もう後の祭りじゃった。こうしてタニシは無事に仲間の住む沼に戻ったということである。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/3/8 22:16)


ナレーション常田富士男
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第一集(日本の民話29),松岡利夫,未来社,1960年09月14日,原題「烏と田にし」,採録地「阿武郡」,話者「田中ハナ、北川周次」
場所について周防の長門
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.0000 5.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/3/9 10:02 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 52  件):   <前  1 ..  38  39  40  41  42  43  44  .. 52  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)