No.0875
おまんのひ
お萬の火

放送回:0550-B  放送日:1986年05月31日(昭和61年05月31日)
演出:阿部幸次  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:上口照人
岩手県 ) 7225hit
あらすじ

ある村にお萬という身寄りの無い女が牛と一緒に暮らしていた。彼女は牛とともに毎日荷物運びの手伝いをして、生計を立てていた。

ある年、雨が降らず延々と日照り続きで、村は酷い飢饉状態だった。人々の心は荒み、農作物が盗まれる被害があちこちで出始めていた。そんな状況ゆえ、お萬も仕事を断られ続け、仕方なく牛とともに川で水を飲み続けて飢えをしのいでいた。

ある日、耐え切れなくなったのだろうか、牛が暴走し『うしくい淵』に足を滑らせて落ち、沈んでしまう。お萬は絶望しかけたが、「うしくい淵に沈んだ牛が、山を潜って反対側から姿を現した」と言う伝説を思い出し、「山を越えればべこに会える」と信じて山越えを決意する。

しかし、長らく満足に食事をしていないお萬に山越えをする体力などなく、近所の住民に「食料を分けて欲しい」と願うも受け入れられなかった。空腹に耐えられず、思わず大根を抜いてかじり始めたお萬の周囲を、見張っていた村人達が取り囲む。

先日から続いていた大根泥棒と間違えられたのだ。お萬はかじりかけの大根を差し出して詫びるが、村人達は彼女を大根泥棒と決めつけ、縛り上げて無理矢理『うしくい淵』に沈めてしまった。鈴のついた牛の手綱を最期まで握り締めた状態で。

しばらくして、村にはようやく雨が降り、翌年は豊作となった。豊作祭りの日、1人の酔っ払いが川縁を通りかかると、チリンと鈴の音がした。「鈴とは風流な・・・」と酔っ払いが感心しているのも束の間、無数の鬼火が川面に浮かび上がり、「べ~~こ~~~」と恨めしげな声とともにお萬の姿が浮かび上がった。

この話を聞いた村人達は、自分達のした仕打ちを後悔しお萬の霊を供養したが、余程恨みが深かったのか、その後もしばらくの間鬼火は浮かび続けたと言う。村人達はこの鬼火を「お萬の火」と呼んだそうな。 

(投稿者:綺羅津、引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典岩手県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.8000 8.80 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  56  57  58  59  60  61  62  .. 80  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)