No.0874
げいのたすけ
芸の助け

放送回:0550-A  放送日:1986年05月31日(昭和61年05月31日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:長尾仁  作画:前田康成
鳥取県 ) 6157hit
あらすじ

むかしある海に、エビとタコとフグの子供がおった。この子供達はみんな、自分以外の者になりたいと言って駄々をこねておった。親が心配して、それぞれ得意な芸を見せて慰めようとしても全く効き目はなかった。

エビの子供は、エビは尻尾でピンピン跳ねるから嫌じゃと言うし、タコの子供は、タコは手足がくねくねしておるから嫌じゃと言うし、フグの子供は、フグはまんまるに膨らむから嫌じゃと言うのじゃった。この三匹の子供は仲が良く、いつも隅っこに集まっては己の身の不幸を嘆いて愚痴ばかり言っておった。

ある暑い夏の日、三匹は陸に上がり、浜の松の木陰で涼んでおった。ところがそれを腹をすかせた鳥が見つけた。鳥は早速三匹を捕まえて、松の木のてっぺんに運び上げた。三匹が一生懸命命乞いをすると、鳥は「何か芸をして自分を楽しませることができれば命だけは助けてやる。」と言うたそうな。

エビの子供はとっさに、海の中で親がやっていた芸を真似て、尻尾でピンピン飛び跳ねながら歌って見せた。続いてタコの子供も、親がやっていたように手足をくねらせ墨を吐きながら踊って見せた。ところがフグの子供はというと、芸など何にもできんと言ってただ蹲っていた。

鳥は今にもフグを食べてしまおうとするし、慌てたエビとタコは鳥の前に転がり出て「やっちゃうよ、やっちゃうよ、フグの人殺し♪料理のしようで人は殺さん♪ てれつくてんてん、どっこいこい♪」と踊った。フグの子供もつられてピンポン玉のようにまんまるに膨らんで見せた。鳥はそれを見て、「フグは毒を持っているのか…。」と思い、三匹を喰わずに飛び去ったそうな。

エビとタコとフグの子供は、こうして鳥に食べられずに済んだということじゃ。そうしてこの三匹、その後はそれぞれの芸に磨きをかけ、海の中で楽しく暮らしたそうじゃ。

親から貰ろうた体や技じゃ。大切にしなきゃあいかんということじゃなあ。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2013-7-7 8:21 )


ナレーション常田富士男
出典稲田和子「稲田稿」より
出典詳細日本昔話百選,稲田浩二・稲田和子,三省堂,1971年04月15日,原題「えびたこふぐとからす」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.0000 5.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/7/7 12:02 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 19  件):   <前  1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 19  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
福井  投稿日時 2015/5/7 9:38
私は「日本昔話通観」シリーズの稲田浩二先生の教え子です。
「稲田稿」ですが、おそらく先生の手持ちの資料(番号は資料ナンバー)だと思われます。通観は資料編なので出版されているもの以外にも収録されていて、ご自宅の資料室ではそのような資料ナンバーでファイリングされていました。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)