No.0862
においのかえし
匂いの返し

放送回:0542-A  放送日:1986年04月05日(昭和61年04月05日)
演出:殿河内勝  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:殿河内勝
鳥取県 ) 9638hit
あらすじ

ある所に、お金持ちの男と貧乏な男が隣同士に住んでいました。

お金持ちの男はいつも豪勢な食事をしていて、貧乏な男は白ごはんに梅干1つという貧しい生活でした。お金持ちの男は、とんでもないケチでお金の執着が強い男だった。

ある日、お金持ちの男が鯛を焼いていたら、隣の貧乏の男が鯛の美味しい匂いを嗅ぎながらご飯を食べようとしていた。お金持ちの男は、匂いを嗅いだから「お金を払え」と言い出した。

結局、奉行の裁きの前でお金を払うことになった。貧乏な男は、巾着に手を入れて『チャリチャリ』とお金の音だけを聴かせて、形のない匂いには形のない音で支払いました。

お金があっても知恵には勝てないというお話でした。

(投稿者: とのむら  投稿日時 2012-7-1 9:32)


ナレーション常田富士男
出典大山北麓の昔話より
出典詳細大山北麓の昔話(昔話研究資料叢書 第04巻),稲田浩二・福田晃,三弥井書店,1970年04月25日,原題「匂いの返し」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.3333 5.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/12 22:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 19  件):   <前  1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 19  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)