No.0850
つるべのいましめ
釣瓶の戒め

放送回:0534-A  放送日:1986年02月08日(昭和61年02月08日)
演出:大竹伸一  文芸:沖島勲  美術:大竹伸一  作画:大竹伸一
石川県 ) 7542hit
あらすじ

昔、能登のある村に、ぐうたらでどうしようもない3人の若者がいた。ある時、大きな木の下に集まって「ぼたもち食いてーなー」とぼやいていたら、木の上から釣瓶が落ちてきた。

中にはぼたもちがいっぱい入っていて、3人はたらふくぼたもちを食べた。

これに味を占めた若者たちは、次の日も木の下へ来て「ぼたもち食いてーなー」とぼやいたらまた釣瓶が落ちてきて、ぼたもちをたらふく食えた。

そして3日目、毎夜木の下へ来るのも面倒になった3人は「一度に大量にぼたもち食いてーなー」とぼやいた。すると釣瓶が落ちてきて、若者はつぶされてしまった。

そして「度々ぼたもちが当たるか!たまには汗水流して働いてナス漬け食ってお茶あがれ!」と木に怒鳴られ、大きな釣瓶が壊れたかと思うと大量のナス漬けに埋まってしまった。

翌朝、村の衆がナス漬けの山をかき分けてみると、息も絶え絶えになった3人の若者が出て来た。冷水をぶっかけて起こしてみると水をぶっかけた釣瓶を妙に怖がっている。

そこで訳を聞いてみると夕べのことを話した。村びとはそりゃあ怠けてばかりいたお前らを釣瓶が戒めたんだろうと言った。 それ以来、この村では怠けていると釣瓶に戒められると言うようになった。 

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典清酒時男(未来社刊)より
出典詳細加賀・能登の民話 第一集(日本の民話21),清酒時男,未来社,1959年08月31日,原題「釣瓶の戒め」,鹿島郡誌より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 27  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
ゲスト  投稿日時 2016/12/18 0:02
ナス漬けもいいものだ。
でも、汗水流して働いてないと、塩分のおいしさはわからないかな。
匿名希望  投稿日時 2014/8/30 14:15
彼らは、今で言うニートみたいな人達だけど。
ストーリー的には、「あずきとぎ」とキャラかぶってる。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)