トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  千葉県 >  道楽をなおす医者
No.0844
どうらくをなおすいしゃ
道楽をなおす医者

放送回:0530-A  放送日:1986年01月11日(昭和61年01月11日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:吉田陽子  作画:フクハラ・ヒロカズ
千葉県 ) 7834hit
あらすじ

昔、千葉の市原の村はずれにでっかいケヤキの木があり、そのすぐ隣に空き家があった。いつしかその空き家に一人の医者が住みついた。「萬診療所」という看板を空き家の前に立てかけた医者のことは、すぐに村中の評判となった。医者は村人たちに「自分はなんでも治す医者だ」とそう告げた。

この医者はろくに金も取らずに村人のことを見てくれるので、いつしか村人たちはこの医者のことを頼りにするようになった。

ところでこの村の庄屋の息子は大変な道楽息子で、毎晩家の金を持ち出しては、山を一つ越えた町まで遊びに行き、朝帰りをしているのであった。ある夜、夜遊びの帰りに馬にけられて足をけがした息子は、この医者の治療を受けた。息子は医者の治療が良かったのか、けがが回復するとまた夜遊びに出かけるようになった。

ある日夜遊びで朝帰りしたところを、父親である庄屋に見つかってしまった。怒った庄屋は息子をまた医者の所へ連れてきて、息子の道楽を直してほしいと頼んだ。医者は息子に医者の家の隣のケヤキの木に登るように言った。息子がいくら登っても、医者はもっと高く登れと言って許してくれない。

とうとうてっぺんまで登らされ、いい加減おろしてほしいと頼む息子に医者は「ケヤキの枝を手にしている、おまえの手を離せ」と言った。「そんなことをしたら、落ちて死んでしまう」と息子は言ったが、それを聞いた医者は「枝もお金も同じだ。簡単に手を離してはならない。これからはお金も大事にするか」と、息子に聞いた。息子はこれからはお金を大事にすると答えたので、医者は息子をケヤキの木から下ろしてやった。

それから息子は夜遊びをすることもなくなり、家のこともよく手伝うようになった。そしてこの医者は道楽もなおす医者と評判になり、遠いところからもこの医者に診てもらおうという人たちであふれて、大変繁盛したということである。

(投稿者: カケス  投稿日時 2013-10-27 12:50)


ナレーション市原悦子
出典高橋在久(未来社刊)より
出典詳細房総の民話(日本の民話26),高橋在久,未来社,1960年05月15日,原題「道楽をなおす医者」,採録地「市原郡」,原話「市原郡誌」
場所について千葉の市原
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.3333 8.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/27 13:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 15  件):   <前  1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 15  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ぬこ  投稿日時 2017/2/25 9:46
フクハラねこが飛ばされない珍しい回です。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (35 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)