情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

人形の嫁(にんぎょうのよめ)

放送回No.0843(0529-B)
放送日1986年01月04日(昭和61年01月04日)
出典青森県
クレジット演出:塚田洋子 文芸:沖島勲 美術:安藤ひろみ 作画:塚田洋子
ナレーション市原悦子

あらすじ

子供のいない長者夫妻に、ようやく一粒種の女の子が生まれた。女児は絶世の美女に成長し、降る様に縁談が舞い込んだが、長者夫妻はアレコレ難癖つけて縁談を断っていた。

ある日、娘は病にかかり死亡。「こんなんなら、さっさと結婚させてやれば」と嘆くも後の祭り。長者夫妻は、人形作りの匠に頼んで娘そっくりの人形を作らせる。

長者の下男の青年が、人形に惚れてしまう。熱心に頼んで借り受け自宅に連れて帰る。下男は人形を女房の様に扱い、日夜語りかける毎日。

ある日、帰宅すると毒男の汚宅のハズが綺麗に掃除され、洗濯物もされ、食事まで作られていた。まるで、女房が家事をしたみたいに。そして、そんな事が毎日々続いた。

独身なのに誰が家事をしているのか、下男は働きに行くふりをして自宅を監視していると、人形が家事をやりだした。驚いた下男の声に人形も気がつき、その拍子に囲炉裏へ。

大事な人形を燃やしてしまったのを、長者夫婦に詫びる下男。しかし、事の次第を聞いた長者夫婦は「私達の我がままで娘は結婚できないまま死んでしまった。よっぽど結婚したかったのだろう。おまえの所で、結婚の真似事が出来て娘も満足だったろう」と、下男を赦した。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)