トップページ >  お話データベース >  ある所 >  寿命のロウソク
No.0828
じゅみょうのろうそく
寿命のロウソク

放送回:0521-A  放送日:1985年11月09日(昭和60年11月09日)
演出:芝山努  文芸:平見修二  美術:門野真理子  作画:吉本桂子
ある所 ) 19281hit
兄の寿命の蝋燭を再燃させた弟の話

むかし、ある村に仲の良い双子の兄弟がおった。二人はいつも一緒で、兄は弟を『おい』と呼び、弟は兄を『やい』と呼んでおった。

ところがある時、兄の『やい』が病気になった。弟の『おい』が必死に神様に祈ると、神様が現れて「お前に覚悟があるのなら兄の命を助けてやろう。」と言うたそうな。『おい』が神様に言われたとおり家の外に出て手を三回叩くと、天から梯子が降りて来た。

恐ろしさを堪えて『おい』が梯子を登ると、梯子は雲を突き抜けて、ぽかっと広い部屋にでた。部屋の隅には入口らしい扉が見え、その前に赤鬼が一匹いびきをかいて寝ておった。『おい』は恐る恐る扉に近付き、赤鬼のいびきに合わせてそろりと扉を開けた。

次の扉の前には、また鬼がおったが、その鬼は立ったまま目を開けて眠っておったので、『おい』はそっと次の部屋の扉を開けた。そこは暗い果てもない部屋で、数限りないロウソクが赤々と灯っておった。

よく見るとロウソク一本一本にことごとく人の名前が書かれておる。「これは寿命のロウソクじゃ!消える時は人間が死ぬ時に違いない!」と『おい』はうろたえ、無数のロウソクの中から兄のロウソクを探しまわった。やっとの思いで見つけた兄のロウソクは、横ざまに倒れており、今にも消えそうに瞬いておった。

『おい』は焦る気持ちと震える手を抑えつけて、そっと兄のロウソクを立てなおした。「消えるな、やい、生きるんだ。」と、『おい』が呼ぶと、兄のロウソクは大きく瞬きそれから赤く大きく燃え始めた。『おい』は涙を流して兄の名を何度も何度も呼んだ。

「ああ、腹が減った。」と、兄の『やい』が布団から起き上がった。いつの間にか、弟の『おい』は元の家に戻っておった。『おい』は元気になった兄を見て、泣きながら兄のために飯を炊き始めたそうな。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-9-15 16:14 )


ナレーション常田富士男
出典松谷みよ子(講談社刊)より
出典詳細日本の昔ばなし01,松谷みよ子,講談社,1977年12月15日,原題「寿命のロウソク」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.7273 8.73 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/15 16:36 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  39  40  41  42  43  44  45  .. 68  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
デモン座のα星  投稿日時 2016/2/17 22:35
兄のロウソクが消えそうになったとき、弟がすぐ横にあるであろう自分のロウソクの火を移して
命を分けてあげたみたいな構成でも良かったと思いますネ
ゲスト  投稿日時 2016/1/23 13:36
これを見て美しい兄弟愛に涙しました!。最近のアニメはなぜこのような話をしないのか飽きれます
KK  投稿日時 2012/10/11 20:48
寿命のロウソクの、やいのロウソクに新田村と書いていて、娘の寿命延ばしの三人の坊さまの、人の寿命が書いてある辞典にも、新田村と書いているのですが、この二つの話は何か、関係あるのでしょうか。(寿命繋がりで)
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)