トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  兵庫県 >  おんまさんは力もち
No.0822
おんまさんはちからもち
おんまさんは力もち

放送回:0517-A  放送日:1985年10月12日(昭和60年10月12日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:亀谷三良  作画:片岡千恵
兵庫県 ) 7225hit
あらすじ

むかし、但馬のある村に『おんまさん』という大変力もちの娘さんがおったそうな。

おんまさんの力はもの凄く、大岩を淵に投げ込んで魚を獲ったり、石の地蔵さんを持ち上げて運んだりは朝飯前。おんまさんのおっかあにとってはこれが心配の種じゃった。おっかあはいつも「女の力は隠すものや。人には力もちなことを見せるでないぞ。」とおんまさんに言い聞かせておった。

おんまさんは心優しい娘じゃったから、おっかあの言いつけをよく守って、人前では力を使わないようにしておった。そのためか、おんまさんの力のことは誰にも知られることはなかったそうじゃ。

しばらくして、おんまさんは近くの村から婿さんをもらった。そうして、婿さんもおんまさんの力のことはちぃとも知らずに月日が経っていった。

ある日のこと、婿さんは家の庭で五右衛門風呂に入っておった。ところが突然雨が降り始めたので、婿さんは「おんま、傘を持ってこい!」と、大きな声で怒鳴ったそうな。慌てたおんまさん、力の加減をせずに傘を開いたからたまらない。傘はあっという間に骨までばらばら。

さらに焦ったおんまさんは、夢中で裸の婿さんが入ったままの五右衛門風呂をひょいと持ち上げると、そのまま家の中まで運びこんでしもうた。

おんまさんの力を目の当たりにしたお婿さんは、「お前の馬鹿力をもし人に見られてみろ、もの笑いの種じゃ!お前ばかりかワシまで笑い物じゃ!」と、怒った。おんまさんは悲しくなってしまい、涙をぽたぽた流しながら、囲炉裏の火箸をぐにゃぐにゃに曲げてしもうた。それを見た婿さんは青くなって「お前は亭主を脅す気か!」と言ってさらに怒り散らしたそうな。

その後、おんまさんは女じゃからといって力を隠す必要はないということに気付いて、この婿さんを追い出し、力もちでも構わんと言ってくれる新しい婿さんをもらって、のんびりと幸せに暮らしたそうじゃよ。

(投稿者:ニャコディ 投稿日時 2014/4/12 22:26)


ナレーション常田富士男
出典小林祥光「兵庫県の民話」(偕成社刊)より
出典詳細兵庫県の民話(ふるさとの民話43),日本児童文学者協会,偕成社,1983年5月,原題「おんまさんは力もち」,採録地「豊岡市」,再話「小林祥光」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/4/12 22:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 16  件):   <前  1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 16  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
アーリアジャスール  投稿日時 2017/7/26 6:41
この話では、大目玉男が珍しく悪役ですね。
マニアック  投稿日時 2011/11/11 23:07
おんまさんは、下唇おじさんの女バージョンか?
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)