トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  島根県 >  えびすさんと鶏
No.0815
えびすさんとにわとり
えびすさんと鶏

放送回:0513-A  放送日:1985年09月14日(昭和60年09月14日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:金海由美子
島根県 ) 5919hit
あらすじ

昔、出雲の美保関(みほのせき)の村は漁業で活気づいていました。それも「えびす様」のおかげだといって毎日漁師たちはお参りを欠かしませんでした。

ところが、ある日を境に魚が全く捕れなくなってしまい村は寂れていきました。村に住む儀助(ぎすけ)じいさんは魚を捕ろうと夜明け前に揖屋(いや)の海に船を出しました。そこには揖屋の浜辺で美しい姫神とえびすさんがいて、2人で遊んでいたのです。

えびすさんは一番鶏が鳴くと「夜になったらまた来る。」といって慌てて船を漕いで村に戻り、いびきを掻いて眠ってしまいました。魚が捕れなくなったのは昼寝しているために漁師たちの願いが耳に入っていないためだったのです。村人たちは困りましたが相手は神様なので諫めることが出来ません。

儀助じいさんは「夜起きて昼に寝てしまう」年寄り鶏を連れて、真夜中に揖屋の浜に向かいました。鶏が鳴くとえびす様は驚いて村に向かいました。途中、「フカ」がえびすさんに襲いかかり着物を引きちぎってしまいました。村に戻ったえびすさんは真夜中ということに気づき鶏に騙されたと怒りました。

翌朝、漁師一同がお参りしましたが「鶏を何とかしないと願いは聞き入れない」と怒り心頭で願いを聞いてくれません。儀助じいさんは立ち上がって「これから鶏も飼わないし卵も食わん。だから姫神様の所に行かないで海に魚を戻して欲しい」と訴えました。

それからえびすさんは出かけなくなり、海に魚が戻りました。美保関の村はそれ以来、鶏も飼わず、卵も食べなくなり、自由になった鶏たちはのびのびと暮らしたそうです。

(投稿者: のんの 投稿日時 2012-2-2 12:57 )


ナレーション常田富士男
出典岡義重
場所について出雲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.0000 5.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/2 20:44 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 22  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)