情報の掲載されているページはこちらです。(本文に戻る)byまんが日本昔ばなし〜データベース〜[印刷用画面]

赤牛に乗った仙人(あかうしにのったせんにん)

放送回No.0795(0500-A)
放送日1985年06月15日(昭和60年06月15日)
クレジット演出:こはなわためお 文芸:沖島勲 美術:西村邦子 作画:塚田洋子
ナレーション市原悦子

あらすじ

作蔵(さくぞう)は、多くの牛を飼っていて、えさのために毎日草を刈っては牛に食べさせてきた。作蔵の住む村の中では、「鳴滝には赤牛にのった仙人がいて、滝の麓には赤牛に食べさせるための草がある。その草を刈ると、仙人の祟りを受ける」という言い伝えがあり、だれも近寄らなかった。

ある日、作蔵はいつも通り草を刈っていたが、あと1束というところで草が無くなってしまった。すぐ目の前には鳴滝がある。「1束くらいいいだろう」と、鳴滝の麓に行き、草を刈った。すると、滝上から赤牛に乗った仙人が現れた。「私の姿を見たことを、誰にも話すな」と恐ろしい口調で仙人に言われ、作蔵はただただ怯えるばかり。

その後、作蔵は魂を抜かれたような状態になり、ふらふらと家に戻った。家でも我を失った状態で、妻に「どうしたの?」と聞かれ、仙人を見たことを話そうとするが、あまりの恐ろしさに「何でもねぇ…」と繰り返す。やがて、気力を完全に失った作蔵は、いつの間にか妻とともに姿を消してしまい、廃墟となった家だけが残った。

(投稿者: tom  投稿日時 2011-11-6 12:46 )


参考URL(1):http://niimi.gr.jp/recommend/detail.php?id_recommend=18
地図:新見市菅生の鳴滝(地図は適当)

※このページは印刷用の画面です。情報の掲載されているページは、こちらです。(本文に戻る)