トップページ >  お話データベース >  ある所 >  あとかくしの雪
No.0079
あとかくしのゆき
あとかくしの雪
高ヒット
放送回:0048-A  放送日:1976年09月04日(昭和51年09月04日)
演出:杉田実  文芸:境のぶひろ  美術:内田好之  作画:高橋信也
ある所 ) 49531hit
あらすじ

昔、ある所に貧しい村がありました。この村近くの山が三年程前に噴火したので、火山灰の被害により作物がとれなくなっていたのです。

ある時、この村に、お腹ぺこぺこの旅人がやってきましたが、どの家にも食べ物を分けてあげる余裕はありませんでした。とうとう旅人は、村はずれで倒れてしまいました。そこへ、一人暮らしのお婆さんが通りかかり、可哀そうな旅人を家に連れて帰り、わずかばかりの雑炊をご馳走してあげました。

しかし、たった一口の雑炊ではとても足りず、もう少しだけ何か食べさせてあげたいと、お婆さんは考えました。そこで、お婆さんは庄屋の畑から大根を引き抜いてきて、大根汁を作って食べさせてあげました。

翌朝、お婆さんはまだ夜も明けぬうちに旅人を起こし、早々に旅立たせました。その頃、早起きの庄屋が、荒らされた自分の畑と火山灰のおかげではっきり残っている足跡を見つけました。足跡はそう簡単に消えはしないので、庄屋は一旦家に戻って、夜が明けたころに代官所へ向かう事にしました。

やがて日が昇り、庄屋が支度をして家を出ると、なんと雪が降っていました。まだ雪が降るのにはひと月も早いのに、そして空は晴れていたはずなのに、不思議な事でした。足跡はもう見えなくなっていました。

(紅子 2011-9-27 2:33)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第3集(DVD第14巻)
VHS情報VHS-BOX第3集(VHS第25巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第16巻-第076話(発刊日:1977年6月15日)/講談社テレビ名作えほん第032巻(発刊日:1980年11月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価9.7143 9.71 (投票数 42) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/27 2:33 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 68  次>  
コメント一覧
10件表示 (全20件)
もみじ  投稿日時 2013/5/7 0:38
ところで、このお話。
「火山灰の影響で作物が取れなくなった」ということですが
日本のどのあたりのことなんでしょうね(・ω・)?

日本は火山が多いですし、私個人のイメージだと火山=九州か?と思ってしまうのですが
九州では、そんなに積もるほど雪は降らないだろう…と思ったりもします。
……っていうか九州は雪は降っても積もらないイメージが……。(´Д`;)

そうなってくると、本州でしょうか?
本州にもたくさんの火山がありますよね。富士山も火山ですし。
でも静岡あたりは温暖な気候なので、そんなに雪は降らなさそう…。

火山があって、雪が降って積もる地域と考えると、
どのあたりになるのでしょうね(・ω・)
ギブソンギター  投稿日時 2013/5/6 16:12
投稿されている皆様の意見も多々あり、納得させられる内容もありますね。
ですが、私はハッキリ言いたい!このお話のお婆さん、カッコよすぎ!
私はこのお話本当に好き。これだけ自己犠牲の愛情を分かりやすく描いているお話中々ないでしょう。本当に素敵なお話ですね!
kurogoma  投稿日時 2012/12/2 7:39
 みんな貧しかった頃のお話で今の若い人にはピンと来ない所もあるのでしょうね。私もずいぶんの年齢ですが、飢えるとか病院にも行けないとかいう状態はわかりません。しかし、じっくり文を(いろいろな表現をされていますが)読んでみるとしみじみとした暖かいものが伝わってくると思います。子どもさんや、若い人に
そういう気持ちが伝わると良いですね。
beniko  投稿日時 2012/8/27 19:54 | 最終変更
ふむふむ、わかりやすい解説ありがとうございました。旅人=弘法大師ならば、たいしこ団子(No.1226)のお坊さんも弘法大師さん、って事でしょうねぇ。
もみじ  投稿日時 2012/8/27 14:22
今読んでいる「ガイドブック日本の民話」という本の中に、このお話についての解説がありました。内容は少し違いましたが、これはいわゆる大師講(だいしこう)、弘法大師の逸話系のお話として分類されているようです。旅人=弘法大師で、弘法大師がその真心にうたれて雪を降らせた…という感じですかね。
話の細部は各地に伝わるものによって異なっているようですが、大体が貧しいお婆さんが出てくるそうです。

一部抜粋して記載しますね。<ガイドブック日本の民話 跡かくしの雪>より

 大根を盗むのは多くの場合まずしい婆さんですが、ときには旅の坊さんが盗むと語られているものもあります。いずれの場合でも足が不自由で、雪の上の足跡がすぐにわかるので、雪を降らして消したと語られています。足が不自由という点が山の神の一つの特徴で、この伝説はもとは山の神の来臨を意味したものだとも言われています。それがお大師様の功徳を語る話になったのは、仏教の普及後のことだとも考えられます。
 現在の私たちの心を強く惹きつけるのは、やむにやまれず大根を盗んできた婆さんの足跡を雪が消していくという、この話を伝えてきた人々の心のあたたかさです。

――――――抜粋終了――――――

キジも鳴かずば…という話があることを考えれば、
個人的には、実際は、盗まれた側もわかってたんじゃないかなと思います。

でも自分が許したら本当に泥棒する奴が増えちゃうから、
「足跡が消えたので、わかりませんでした(`・ω・´)*(貴女の行いを私は許しましょう。)」

という結論にしたんじゃないかと。(・ω・)
guest  投稿日時 2012/8/24 15:52
飢えで倒れるくらい困り果てている人を決まり事を曲げて助けても天は許してくれますよ、逆に言えば、そういう困った人がいたら法を曲げてでも手助けしてあげなさいという教訓なのでは?
庄屋は被害者で泣き寝入りとは言いますが、あれだけの大根を育てていてその内の4,5本ですか、それと人の命、どちらが大事かと言ったら人の命でしょうね。
ゲスト  投稿日時 2012/8/24 9:06
個人的に一番もやもやする昔話だー。
庄屋さんが一番被害者で、しかも泣き寝入りで
何の教訓があるんだこの話は、と思っていました。
ゲスト  投稿日時 2011/11/5 15:47
なるほど、具体的に何か調味料名を言ったのかと必死になって聞いていました。ありがとうございました。
araya  投稿日時 2011/11/5 15:38
「味噌でもあればいいが、まぁ、エエじゃなぁ」

味噌があったらいいけど、(贅沢も言えないし、なくても)いいよな。ってところじゃないですかね。
ゲスト  投稿日時 2011/11/5 15:20
こちらのお話で、おばあさんが盗んだ大根を煮て食べさせるときに「味噌でもあればいいが、○○じゃあなぁ」とつぶやいているのですが、あちらが聞き取れません。気にはなっているのですが、聞き取れる方はいらっしゃいますでしょうか?
投稿ツリー
10件表示 (全20件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)