No.0785
さわおんな
沢女

放送回:0493-A  放送日:1985年04月27日(昭和60年04月27日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:門野真理子  作画:飯口悦子
埼玉県 ) 11599hit
寒かんべぇ?沢に住む化け物女が炭を台無しにする話

昔、秩父の金沢(かねざわ)に「じへい」という働き者の炭焼きがいた。じへいの炭窯は、山奥の身馴沢のほとりにあり、一度に80俵は焼ける大窯だった。

じへいは炭焼きの名人で、昔に死んだおっとうから作り方を教わった。さらにおっとうは「火を沢に投げ込んではいけない、沢女のたたりがあるから」とも教えてくれたのだが、じへいは炭を作っている最中に、うっかり火のついた枝を沢に放り込んでしまった。

これはまずいと思いながらも、飯の用意をするため水を汲みに沢へ下りていった。すると、「ぴちゃ、ぴちゃ」と水音が聞こえ、沢の方から顔の無い女が歩いてきた。女は「寒かんべえ、寒かんべえ。おめえ、寒かんべえ。」と言いながら、じへいに近づいてきた。女がじへいの顔に手を当てると、その場でじへいは気を失って倒れてしまった。

そしてどれほどの時が経ったか、夜になりじへいが目を覚ますと、すでに窯の火は消えていた。たった1本の火くずを沢に放り込んだばっかりに、1年分の炭が灰になってしまった。

(紅子 2011-6-9 4:41


ナレーション市原悦子
出典埼玉県の民話(偕成社刊)より
出典詳細埼玉県の民話(ふるさとの民話17),日本児童文学者協会,偕成社,1979年12月,原題「沢女」,採録地「秩父郡」,再話「権頭和夫」
備考身馴沢(身馴川、現在は小山川)
場所について埼玉県秩父郡皆野町金沢(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:埼玉県秩父郡皆野町金沢(地図は適当)
追加情報
このお話の評価9.1429 9.14 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/9 4:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 24  件):   <前  1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 24  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

56 人のユーザが現在オンラインです。 (49 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)