No.0072
さるがみたいじ
猿神退治
高ヒット
放送回:0043-B  放送日:1976年07月31日(昭和51年07月31日)
演出:亜細亜堂  文芸:沖島勲  美術:亜細亜堂  作画:亜細亜堂
写真あり / 長野県 ) 83561hit
あらすじ

むかし、国中を旅している坊様がおりました。ある日のこと、坊様はある村にさしかかりました。その村の村人達は元気がありません。毎年秋祭りが近づくと娘がいる家に白羽の矢が立ち、その娘を白木の棺に入れて社の神様に捧げないと、田畑が荒らされるというのでした。その日はもう秋祭りの日だったのです。

坊様は「そんな馬鹿な。神様が人間の娘を取って喰うなどと…。」と思い、何とか正体を見極めようと社の下にもぐりこみました。やがて白木の棺を担いだ村人達が影のように現れ、社の前に棺を安置しました。

夜も更ける頃、暗闇の中から三匹の怪物が現れました。怪物は「この事ばかりは信州信濃の早太郎(はやたろう)には知らせるな」と歌いながら踊り狂い、棺の中の娘を骨も残さず喰うてしまったのです。坊様は村人を救うには早太郎に頼むほかないと思って、すぐに信州へと出発しました。

しかし信州は広く、なかなか早太郎には会えません。翌年の夏も終わる頃、坊様はある茶店に立ち寄りました。そこでようやく、坊様は光前寺に早太郎という犬がいるという話を聞いたのです。坊様は早速光前寺を訪れ、山犬の早太郎にこれまでの事を話して聞かせました。そうして坊様と早太郎は、あの村に向けて出発したのでした。

坊様と早太郎はちょうど秋祭りの日にあの村へたどり着き、その年、白木の棺には娘の代わりに早太郎が入りました。その夜、何も知らない怪物達が棺の蓋を開くと、中から早太郎が現れたからたまりません。暗闇の中に唸り声や悲鳴が響き渡りました。

翌朝、坊様と村人達が社を開いてみると、年老いた狒狒が三匹死んでおりました。早太郎の姿はもうどこにもありません。村人達は今まで自分達を騙していた狒狒の死骸を声もなく見つめました。

信州へ向かう道に点々と血の跡が続いています。傷ついた早太郎は長い道のりをただ一人、光前寺へと帰って行ったのです。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-5-19 21:41 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第37巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について光前寺(早太郎伝説)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:光前寺(早太郎伝説)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第18巻-第089話(発刊日:1977年8月20日)/講談社テレビ名作えほん第030巻(発刊日:1978年6月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価9.1333 9.13 (投票数 30) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/5/19 22:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 67  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 67  次>  
コメント一覧
10件表示 (全31件)
松岡尚  投稿日時 2021/7/27 11:54
ちなみに芝山努は、そこつ惣兵衛や、琵琶法師と竜、山伏石の絵コンテ、キャラクターデザイン、原画、背景を亜細亜堂名義でやっている。
松岡尚  投稿日時 2021/7/4 12:43
猿神退治のキャラクターデザイン、絵コンテ、原画は、小林治ではなく、芝山努である。
松岡尚  投稿日時 2021/7/4 12:41
猿神退治のキャラクターデザイン、絵コンテ、原画小林治ではなく、芝山努である。
ゲスト  投稿日時 2021/7/2 16:46
猿神退治ってのはな、小林治さんの最初のキャラクターデザイン、絵コンテ、原画であります。
Perenna  投稿日時 2020/12/9 2:58
この昔話の出典は、角川書店の「神々の物語・日本の民話3」ではないでしょうか?
「早太郎と人身御供」という題名です。
「正和(しょうわ)のころというから、六百五十年余りもむかしのこと。ひとりの旅の坊さんが遠江の国(静岡県)府中を通りかかったそうな。ちょうど天満天神の秋祭りで町はにぎわっておったが、何やら人々の顔は暗く、寄り合ってすすり泣く姿も見られた。」という書き出しで始まっています。

三匹の怪物たちが歌っていた歌は、次のように書かれています。
「このことばかりは知らせるな
信州信濃のこうぜんじ
早太郎に知らせるな
このことばかりは知らせるな」

また、三匹の大狒狒(ひひ)を倒した早太郎の消息については、次のように書かれています。
「早太郎は光前寺までたどり着いて死んだとも、信州へ歩き続ける途中で命を落としたともいわれている。阿多古の観音山(天竜市)の犬宮は早太郎を祭ったものという。」
しっぺい太郎やめっかい犬との関連や類似も気になるところですね。


貧乏神  投稿日時 2020/12/6 10:30
市原悦子氏と常田富士夫氏による狒々のノリノリの演技が見所です。
光前寺は光苔も有名  投稿日時 2019/9/14 20:21
日本昔ばなしの「猿神退治」では、メイン舞台が信州で「この事ばかりは信州信濃の早太郎には知らせるな」で間違いなく、光前寺の社殿には早太郎像が置かれています。
ただ、上記の話に出てくる災難にあっている“ある村”が 近江国の長浜で そちらがメイン舞台の物語では 犬の名前は「悉平(しっぺい)太郎」となっていて、見付天神にしっぺい太郎が霊犬として祀られています。生きてるマスコット犬も居ます。
日本昔ばなしが改編されたのではなく、投稿者さんが子供の頃に見た?聞いた?お話が、しっぺい太郎のお話の方だったという事ではありませんか?
因みに ほぼ同じ設定のお話が日本中にあるようで「信州…」のところが、各地の地名に変わります。他の方が投稿されているように、この日本昔ばなしのデータベースにある「播磨のめっかい」というお話も、ほぼ同じ内容で めっかい犬が活躍します。
ゲスト  投稿日時 2019/8/15 21:01
小さい頃、信州信濃の善光寺だと思ってました。小さくても賢く強い犬 早太郎、狒どもをやっつける場面は痛快です。昔は犬を飼ったら早太郎と名付けると思ってました。
Z  投稿日時 2019/3/28 17:07
「播磨のめっかい」とも展開が同じですね。

ベースになる物語があって各地で広まっていったんでしょうか?
ゲスト  投稿日時 2019/1/18 2:47 | 最終変更
山んばや猫岳の化け猫などの典型的な妖怪は、人には化けて人を襲うということはするものの、こいつらみたいにあろうことか神を名乗って女を次々と喰ってしまうことはしなかったと思います。

化け狒狒の恐ろしい陰険で卑劣な悪知恵が光っており当時トラウマになりました。
なので早太郎にフルボッコにされている作画を見たときはザマーミロと思わずにはいられませんでした。ただ我々人間も少しでも道を誤ればこの化け狒狒みたいに弱いものを食い物にする卑劣な生き物になるかもしれないから気を付けないといけませんね……。
投稿ツリー
10件表示 (全31件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)