トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  長崎県 >  壱岐のあまんしゃぐめ
No.0691
いきのあまんじゃくめ
壱岐のあまんしゃぐめ

放送回:0433-B  放送日:1984年03月03日(昭和59年03月03日)
演出:樋口雅一  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:樋口雅一
長崎県 ) 7499hit
あらすじ

昔、国中は毎日暖かく、米、麦、あわ、ひえ、大豆、きびなどは根元から穂先までびっしりと実り、にわとりは毎日10個も卵を産み、魚は一年に何度も産卵するので、人間はろくに働かずとも食うに困ることはなかった。

だから寄ると触ると宴会ばかりしていた。食べ物もちょっと食べるとすぐ捨ててしまっていた(その時歌っていたのが「一生~八月、常月(毎夜満月)よ~、こうなの汁(酒)に米のめし~」 という歌です)。しかしこれを快く思わない者がいた。

それは天に住むあまんじゃく(小鬼)である。あまんじゃくは人間が楽して暮らしているのが気に食わない。そこであまんじゃくは人間を苦しめようと天空を駆け巡り、まず太陽をずっと遠くに離し、いつも暖かかった国に雪を降らせ、冬という季節を作った。

月の満ち欠けも作り、真っ暗な夜も作った。次は地上に降り、人間の作物を荒らし、稲や麦は実のなるのを穂先だけにした。次に大豆をしごこうと思ったが、大豆は穂先が針のように尖っているので諦めた。だから大豆は今でも根元からびっしりと実がなるのだ。

最後にきびをしごいたが、きびの歯が細くので手を切ってしまい、あまんじゃくの血がきびの根元を赤く染めた。だからきびの根元は赤いのだという。あまんじゃくは海へ走り、血だらけの手を洗った。すると海の上では人間達が酒盛りをしている。

その頃の舟はこがずに舟底をたたくだけで進んだ。それを見たあまんじゃくは海に潜り、舟底にへばりつくとまじないをかけ、舟底を叩いても動かないようにしてしまった。

その後もあまんじゃくは悪さをし続け、にわとりは日に一個しか卵を産まなくし、魚も一年に一度しか産卵しないようにした。雨と風を一緒に起こして嵐を生み出した。

こんなことが続いた人間はとうとう怒り、あまんじゃくを捕まえると火あぶりにして殺してしまった。あまんじゃくは焼かれて灰になったが、その灰から蠅、蚊、ノミが生まれたそうだ。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細自然の精霊(日本の民話02),瀬川拓男,角川書店,1973年8年23日,原題「壱岐のあまんしゃぐめ」,伝承地「長崎県」
場所について長崎の壱岐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/3/4 1:11 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 12  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 12  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2015/10/13 18:23
縄文から弥生に移った為、寒冷化したのでしょう。
それを天邪鬼に例えたのかも知れませんね。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)