No.0670
じゅうろくにんだに
十六人谷
高ヒット
放送回:0421-A  放送日:1983年12月03日(昭和58年12月03日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:星野靖高  作画:加藤鏡子
富山県 ) 85006hit
無慈悲に切り倒された柳の精が復讐する話

若い時の弥助(やすけ)は、木こりでした。

ある時、見知らぬ女が弥助の所へ「明日、谷にある柳を切らないで下さい」と、頼みにやってきました。仲間の通夜に参列してすっかり酔っ払っていた弥助は、頭を下げる女に背を向けて、そのまま眠ってしまいました。

翌朝、予定していた通りに弥助と十五人の木こり仲間が北又谷(きたまただに)に入りました。そこには数百年もたったであろう実に見事な柳の木があり、弥助が止めるのも聞かず仲間の木こり達は大喜びで柳を切り倒しました。

その夜、小屋で弥助たちがすっかり寝入っているところへ、昨夜の女がやって来ました。女は、寝ている15人の木こりの舌を、一人ずつ口で吸い取り殺していきました。最後に「あなたに頼めばこんな事にならずに済むと思っていたのに…」と弥助に迫ってきましたが、山刀で切りつけ小屋から逃げ出しました。

それから50年たち、弥助はすっかりお爺さんになりました。この話を、いろり端に座ってお茶を飲みながら、目の前に座っている若い女に聞かせていました。昔の事を思い出しながら、ぽつりぽつりと話しました。

しばらくたった頃、弥助爺さんは恍惚とした表情のまま、舌を抜かれて死んでいました。この事件があった谷を16人谷と言うそうです。

(紅子 2011-12-23 3:32)


ナレーション市原悦子
出典富山の伝説(角川書店刊)より
出典詳細富山の伝説(日本の伝説24),辺見じゅん,角川書店,1977年11年10日,原題「十六人谷」
場所について十六人谷(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:十六人谷(地図は適当)
追加情報
このお話の評価8.9167 8.92 (投票数 24) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/23 3:32 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 27  次>  
コメント一覧
3件表示 (全13件)
たまきち  投稿日時 2013/4/1 7:11
私も動画サイトで見させてもらいました。コワイィィーと思ってしまいましたね。
あれ子供に見させる物じゃないようなぁ( ̄◇ ̄;)
ギブソンギター  投稿日時 2013/1/31 23:50
これ、本当に子ども向けなのかよ!と当時かなりビビりまくりました。
私にとって最もインパクトが有りすぎる作品!
当時の3~4才の子供が見たら一体どんな反応をしたんでしようか?
マニアック  投稿日時 2012/1/6 23:23
この作品をもう少しソフトな演出にした感じの類似作品があったような?タイトルは「七本ひのき」自信はないけど。
投稿ツリー
3件表示 (全13件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)