No.0651
せきぶつのかい
石仏の怪

放送回:0409-A  放送日:1983年09月10日(昭和58年09月10日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:岩崎治彦
熊本県 ) 6830hit
あらすじ

昔、熊本のある村に、百姓の源七爺さん一家が住んでいました。

ある日、源七爺さんの孫が子馬と一緒に村の石橋から落っこちて大怪我をしました。それから二日後の朝、横尾のじん平さんが馬を引いてこの石橋を渡ろうとすると、馬が橋の真ん中で動けなくなりました。翌日には、立山の庄六どんも石橋に足がくっついてしまい、きっとこれは幽霊橋だという噂が立ちました。

村人たちは「きっと何か訳があるに違いない」と考え、この石橋を調べてみることにしました。隣村からお坊さんを呼んでお経をあげてもらいながら、村人たちが橋の石板をひっくり返してみました。すると一枚の石板から「角田掃部助藤原久吉」という殿様の名前が刻まれた仏様が現れました。

昔、このお殿様は村に悪い病がはやった時に村人のために奔走し、とうとう自分が倒れてしまいました。それを悲しんだ村人たちが、この石仏を作ったのです。どうしてこの大切な石が粗末に扱われていたのかわかりませんでしたが、お彼岸が近くなりきっとお殿様が訴えていたのだろうと思いました。

そこで村人たちは石仏を橋の脇に安置し、石板をすっかり新しいものと交換しました。今でもこの石仏の前にはお線香の煙が年中絶えません。

(紅子 2012-1-13 3:10)


参考URL(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/stjtomo/7946198.html
ナレーション市原悦子
出典熊本のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細熊本のむかし話(各県のむかし話),熊本県小学校教育研究会国語部会,日本標準,1973年12月20日,原題「石仏の怪」
備考石仏には「道泉禅門妙泉禅尼 永正十一甲戌犬年二月吉日 施主 祖 角田掃部助藤原久吉 敬白」と刻まれていた。石仏は泉田下駄店の前にある。(出典本)
場所について熊本市北区植木町豊田(石仏はこの辺りか?)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:熊本市北区植木町豊田(石仏はこの辺りか?)
追加情報
このお話の評価8.3333 8.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/13 3:10 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1 ..  18  19  20  21  22  23  24  .. 40  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
鬼喜来のさっと  投稿日時 2015/11/30 23:55
確かに合併したのか、石仏の所在地がはっきりしませんね。
アニメの石仏とこの阿弥陀様は像様が異なっていて、アニメの仏様は亀の背中に乗っており、妙見菩薩と思われますが、これとよく似た仏像として、熊本城の石垣に使われていたという「地蔵石」という大永二年銘の線刻阿弥陀如来像があることから、絵のモデルはこちらが元になっているのではないかと考えられます。
http://www.geocities.jp/joysunny/kumamoto/kumamoto078.htm
yassan  投稿日時 2015/11/30 20:16
ありがとうございました。出典本の地名はいまいちハッキリしませんが、恐らくこれで間違いないと思います。
鬼喜来のさっと  投稿日時 2015/11/30 16:32
熊本県鹿本郡植木町大字豊田字後田にある線刻阿弥陀如来像の銘とほぼ一致しますので、恐らくこの石仏に纏わる話と思われます。
http://blogs.yahoo.co.jp/stjtomo/7946198.html
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)