トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  岐阜県 >  かえるのなかない池
No.0635
かえるのなかないいけ
かえるのなかない池

放送回:0398-B  放送日:1983年06月25日(昭和58年06月25日)
演出:前田康成  文芸:平見修二  美術:青木稔  作画:前田康成
岐阜県 ) 7015hit
あらすじ

昔の事じゃ、ある所に日照りが続いて苦しんでいる村がありました。その村に一人の旅の坊様が通りかかり、気の毒に思って雨乞いの祈りを始めました。すると、干からびかけた池にいた沢山のカエルたちが、坊様の近くでゲコゲコ鳴きはじめました。

坊様は一心不乱にお経を唱えるのですが、修業中の身であったためか、カエルの声が耳について心が乱れてしまうのです。坊様が思いあまって「どうか静かにして下さい」とお願いすると、カエルたちは坊様の言葉がわかるのか、ピタリと鳴くのを止めました。ところが今度はあまりの静けさが気になり、坊様はまたまた心をかき乱し、祈りに力が入りませんでした。

それから二日たっても雨は降らず、坊様は集中できずに苦しみながら念仏を唱えていました。ふと目を開けた坊様の前には、カエルたちが日に焼かれ干からびて死んでいました。干からびながらもカエルたちは、一つの声も立てませんでした。

坊様は己の未熟さに気が付き「仏様、せめてカエルたちだけでもお助け下さい」と、一生懸命に祈り続けました。すると、空に黒雲がわいて雨が降りはじめ、乾ききった土を潤しはじめました。わずかに生き残っていたカエルも元気を取り戻し、村も人も救われました。

その後、坊様は厳しい修業を重ねて、仏様の心を知る偉いお坊様になりました。そして今でもこの池のカエルだけは、鳴き声をたてないそうです。

(紅子 2012-1-20 23:08)


ナレーション市原悦子
出典岐阜県
備考岐阜の立政寺にまつわる民話に、蛙の鳴かない池というのがあるそうで、確信ないままマッピング中。
場所について立政寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:立政寺
追加情報
講談社の300より書籍によると「岐阜県のお話」
このお話の評価8.3333 8.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/20 23:08 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  14  15  16  17  18  19  20  .. 47  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)