トップページ >  お話データベース >  ある所 >  おにのたまご
No.0610
おにのたまご
おにのたまご

放送回:0382-A  放送日:1983年03月05日(昭和58年03月05日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:若林常夫
ある所 ) 8696hit
あらすじ

昔、ある村に太郎べえと次郎べえという男がいた。

ある日のこと、二人は都見物を思い立ち、二人そろって京の都に向けて旅に出た。初めて見る京の街は、何を見ても珍しく、楽しく、二人は夢中で色々な所を見物した。そして、見物も終わりに差し掛かったころ、大きな寺の境内に人だかりが出来ているのを二人は見つけた。

門の外から境内をのぞくと、お坊さんが何やら白くて丸い物を人々に配っている。どうやら人々は、これを目当てに集まっているようだ。この坊さまが配っている物は、当時まだ都でも珍しい、唐渡りの饅頭(まんじゅう)という物であった。

二人が境内をのぞいていると、坊さまがやって来て、二人にも饅頭を一つずつ分けてくれた。ところが二人は、これが何であるか知る由もない。太郎べえは言う。「何かの卵だべか?」すると次郎べえは答える。「オラわかっただ!これはきっと極楽にいる天女の卵だべ!」饅頭を天女の卵だと思った二人は、温めれば中から天女が生まれると思い、さっそく饅頭を懐に入れて温めた。

こうして二人は期待に胸を膨らませながら帰路に着いた。ところが次の日、懐の“卵”から変な臭いがする。二人が取り出してみると、何と天女の卵の表面には青い斑点が現れ、何やら毛のようなものも生えている。こんなに臭くて、毛が生えた物が天女の卵であるはずがない。「これは、青鬼の卵じゃ!この青いボツボツがその証拠じゃ!」

鬼に食われては大変と、二人は卵を踏み潰してしまった。やれやれ、もう少しで卵から鬼が生まれるところだった。でも、これもいい土産話になる。二人は災難を避けたことを喜び合いながら、鬼の卵の話を土産に国に帰っていったそうじゃ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-9-30 11:55)


ナレーション常田富士男
出典岸なみ(偕成社刊)より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.5000 7.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/30 11:55 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  34  35  36  37  38  39  40  .. 68  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)