トップページ >  お話データベース >  写真あり >  ちごちごの花
No.0552
ちごちごのはな
ちごちごの花
高ヒット
放送回:0345-B  放送日:1982年06月12日(昭和57年06月12日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:前田康成
写真あり / 長野県 ) 21513hit
あらすじ

昔、信州の美しい奈良井川のほとりに、大金持ちの長者が住んでいました。子供がいなかった長者は、ある時不思議な夢を見ました。先祖が悪い事をしたので、その償いに何か良い事をすれば子供が授かるだろう、という夢のお告げでした。

そこで長者は、八幡原の村のために水を引いて、村で田んぼが作れるようにしてあげました。ある日、川から可愛らしい男の赤ん坊が流れてきました。この赤ん坊は長者の宝として大切に育てられ、村でも評判の美少年に育ち、「ちご様」と呼ばれるようになりました。

ある年の事、雨が降らず大凶作の秋の暮れ、一人の女乞食が村を訪れました。この女は、十年前に川に男の子を流したという、ちご様の母親でした。女は一目だけでも我が子を見たいと、長者屋敷の井戸を借りに立ち寄りました。すると、庭に出ていたちご様は、汚い身なりの女を棒でたたきのめし、水も飲まさず外へたたき出してしまいました。

その夜から大雨が降り始め、やがて奈良井川を氾濫させ、長者屋敷を押し流しました。長者屋敷は跡形もなくなり、ただ一つ井戸だけが残されました。数年後、井戸の周りに赤紫の小さな花が咲き、この花の可愛らしさから「ちごちごの花」と言うようになりました。

(紅子 2011-12-15 0:31)


ナレーション市原悦子
出典長野県
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について長者屋敷の跡地
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:長者屋敷の跡地
追加情報
講談社の300より書籍によると「長野県のお話」
このお話の評価8.2000 8.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/15 0:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 67  件):   <前  1 ..  28  29  30  31  32  33  34  .. 67  次>  
コメント一覧
1件表示 (全11件)
araya  投稿日時 2011/12/15 20:33
信州の美しい奈良井川のほとり、八幡原の村。この2点から「長野県松本市大字島内字八幡原」が民話の舞台になりますね。他にも八幡原の地名は幾つかありますが、奈良井川沿いで川の氾濫の痕跡が見られた地形から、島内の八幡原と推定しました。八幡原公民館がありましたので、そちらを仮のポイントとしました。

http://g.co/maps/ezwza
投稿ツリー
1件表示 (全11件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)