トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  栃木県 >  そうめん地蔵
No.0545
そうめんじぞう
そうめん地蔵
高ヒット
放送回:0341-A  放送日:1982年05月15日(昭和57年05月15日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:横瀬直士  作画:小堤一明
写真あり / 栃木県 ) 39416hit
日光の輪王寺で行われる、有名な「強飯式」のはじまり

今からおよそ四百年ほど前のこと、栃木県の氏家(うじいえ)に小さな地蔵寺があり、気の優しい住職が一人で守っていました。ある日、この領内のお殿様(勝山城の左衛門尉、さえもんのじょう)から、自分の代わりに日光の二荒山神社へお参りに行くよう、頼まれました。住職は喜んで日光へ出かけ、心をこめて殿様の代わりとてして丁寧にお参りをすませました。

無事に大役をすませた帰り道、滝尾別所という所の谷川で一休みしていると急にお腹がすいてきました。近くにあった別所に立ち寄り「そうめんを一杯ご馳走して下さい」とお願いすると、別所の坊さん達はなにやら薄気味悪い笑いを浮かべながら、お堂に招き入れました。

やがて別所の坊さん達は、お膳に大山盛りのそうめんを運んできて「いっぱい食わせろと言ったのだから全部食え」と意地悪を言いはじめました。住職はお腹いっぱいに食べましたが全部食べられるはずもなく、泣いて謝りましたが、意地悪な別所の坊さんたちは許してくれません。

するとそこへ、旅の僧が「そうめんをいっぱいご馳走してくだされ」と、やってきました。別所の坊さん達はシメシメとばかりに、さっきよりもっと大山盛りのそうめんを差し出しました。しかし、旅の坊さんはつるつるぺろりと食うわ食うわ、あっという間に大山盛りのそうめんを平らげてしまいました。

悔しがった別所の坊さん達は、日光中のそうめんを買い集めて旅の坊さんに出しましたが、顔色も変えず全部平らげてしまいました。驚く別所の坊さんの目の前で、旅の坊さんは煙のように消えたかと思うと、そこには立派なお地蔵様が現れました。

実は、旅の坊さんは住職のお寺のご本尊様だったのです。さすがに別所の坊さん達も、泣きながら謝りました。そこへ、一人の木こりが「この西の谷にドンドンそうめんが流れている!」と、かけ込んできました。

こんな事があってから、この谷をそうめん谷といい、氏家の地蔵さまをそうめん地蔵と呼ぶようになったそうです。

(紅子 2011-11-21 1:30)


参考URL(1)
http://g.co/maps/nruaa
参考URL(2)
http://www.lib.pref.tochigi.jp/reference_ex/allr/tr042.htm
ナレーション常田富士男
出典栃木県
DVD情報DVD-BOX第5集(DVD第23巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について将軍地蔵(そうめん地蔵)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:将軍地蔵(そうめん地蔵)
追加情報
本の情報講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第49巻(絵本発刊日:1986年03月15日)/講談社テレビ名作えほん第041巻(発刊日:1981年3月)
絵本の解説“一杯”を一膳ではなく、わざと沢山という意味にとり、食べきれないほどのそうめんを無理やり食べさせて、人のよいお坊さんを苦しめるとは意地の悪い僧どもです。しかしこの悪僧たちも、旅の僧が日光じゅうのそうめんをたいらげ、お地蔵様に姿を変えたのにはびっくりぎょうてん。お地蔵様は、人間の良い心も悪い心もお見通しというわけです。悪僧たちも自分の心を恥じた事でしょう。この話は、日光の輪王寺で行われる、有名な「強飯式」のはじまりともいわれています。(栃木地方の昔ばなし)(講談社のデラックス版絵本より)
講談社の300より書籍によると「栃木県のお話」
このお話の評価8.9286 8.93 (投票数 14) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/21 1:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1 ..  16  17  18  19  20  21  22  .. 39  次>  
コメント一覧
10件表示 (全21件)
マルコ  投稿日時 2012/11/27 22:54
ええっと・・・そうめんを沢山食べさせられた日光のお寺は『滝尾神社』じゃありませんよ~!!世界遺産・日光東照宮の北の方に『開山堂』とか『北野神社』があります。
その近くにそうめんを沢山食べさせられた日光のお寺『別所』があったそうです。
現在『別所』は無くなってしまっていているので・・・見れるのは『別所』跡地だけです。
もし、ココさんが日光に行くとしたら「そうめん地蔵」の他に日光には昔ばなしの舞台や関係している場所がいっぱいありますよ~!!
例えば『別所跡』の近くにある『開山堂』の裏には栃木の昔ばなしの『大黒さま白ねずみ』に登場する『勝道上人』のお墓があったりなど・・・。
他にもあるので、まぁ・・・訊きたい事があったらお答えしますよ~。
ココ  投稿日時 2012/11/14 23:00
子供たちが そうめん地蔵の話が大好きで先日見に行きました。
お堂の中を拝見するには 市役所に連絡すればいいのですね。

沢山 そうめんを食べさせられた日光のお寺の名前は 滝尾神社?でしょうか?
わかる方 教えてくだされ~
beniko  投稿日時 2011/10/31 23:10
現在、そうめん地蔵の場所をすでにマッピングしておりますので、追加はできませんが、調べてみました。
以下の地図の中央部分の、白糸滝周辺ですかね?グーグル地図のURLを貼っておきます。
http://g.co/maps/nruaa
※短いグーグル地図URLで貼ってみます。見れるのかな?
マルコビッチ  投稿日時 2011/10/31 22:06
地蔵寺の和尚さんが意地悪坊さんたちにいじめられた場所というのが
確か・・・「別所」と言っていたのでたぶんここだと思います。

調べてみたところ・・・「 東照宮の還座以前、日光参詣の中心はこの滝尾周辺であった。日光責めで有名な輪王寺の「強飯式」(山伏が、大盛りの飯を残さず食べろと責める儀式)も、ここが発祥の地であり 明治になって別所は廃絶。永正6年(1509)日光に来た連歌師、宗長の紀行文「東路のつと」には、「ここより谷々を見おろせば、院々僧坊およそ五百坊にも余りぬらん。」とあり、盛時の様子が偲ばれる。」とありました。

それと・・・「強飯式」の始まりは『そうめん地蔵』のお話と深い関係があるみたいですよ。

日光東照宮の東側を流れている川(上流に滝尾神社のある)
を滝尾神社の方へどんどん上がって行く途中にあります!!
マルコビッチ  投稿日時 2011/9/15 18:56
現在、そうめん地蔵は市が管理しているそうなので
さくら市の役所に申し込みをすればお堂の中(そうめん地蔵)を拝見できるかも・・・?
(そうめん地蔵の近所に住んでいる人から聞きました)
いさえ  投稿日時 2011/9/15 15:08
ありがとーーーーーー
レイ  投稿日時 2011/9/15 15:03
みつけたーー
虎也  投稿日時 2011/9/15 14:28
ありがとうございます!!!

資料が見つかりました!!!
マルコビッチ  投稿日時 2011/8/27 22:11
お返事ありがとうございます。
お役に立ててうれしいです・・・。
私の説明がわかりにくくて大丈夫だったかな・・・と心配してました。
私は小さいときから「まんが日本昔ばなし」が好きでよく自転車を乗り回して昔ばなしの舞台めぐりをしていました・・・。
だから、よく知っているんですよ・・・。
また、何か情報があったらお知らせします。
私の知らない情報も教えてくださいね!!
beniko  投稿日時 2011/8/27 19:57
マルコビッチさん、教えてもらってありがとうございました。
やっぱりその土地に詳しい方は、知ってるんですね~。感謝感謝。
将軍地蔵の場所、見つかりました!
投稿ツリー
10件表示 (全21件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)