トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  島根県 >  矢があたった大黒さま
No.0538
やがあたっただいこくさま
矢があたった大黒さま

放送回:0336-A  放送日:1982年04月10日(昭和57年04月10日)
演出:白梅進  文芸:境のぶひろ  美術:青木稔  作画:白梅進
島根県 ) 6937hit
あらすじ

昔ある所に、たいそうな長者がいて、広い畑と大勢の使用人を持っていました。この長者は大変な金持ちでしたが、干した菜っ葉ばかりの雑炊を使用人に与えて、朝から晩までくたくたになるまで働かせていました。

長者の毎朝の日課は、大黒様におまいりする事でした。ある時、長者はいままでの倍以上も儲けようと、使用人を倍以上働かせることを決心しました。使用人の食事も、米粒は少量で菜っ葉の量を大盛りに増やした、うすい雑炊となりました。

そんなある朝の事、干してあった菜っ葉がめちゃめちゃに踏み散らかされていました。怒った長者は、使用人が犯人だろうと決めつけ、菜っ葉すら入ってない汁だけの雑炊を食わせました。ところが、その後も菜っ葉は踏み散らされ続けました。

長者は犯人を捕まえようと、物陰に隠れて菜っ葉の入った大ざるを見張る事にしました。夜も更けたころ、菜っ葉のざるに手をかける黒い人影が見えました。長者が手にしていた矢を放つと、黒い影は「うっ!」と声を発し、その姿は消えてしまいました。

矢が当たったはずなのに、と、長者は不思議に思いました。この事を大黒様に相談しようと、大黒様の前にやってくると、長者の矢が大黒様の胸に突き刺さっていました。「あ、あの影は大黒様だったのか!」と驚いた長者は、あまりの恐ろしさにそのまま気を失ってしまいました。

その間に、大黒様は蔵から千両箱と米俵を運び出し、目を覚まして集まってきた使用人たちに分け与えました。「仲良く分け合って、ここを立ち去るがよいぞ」と言い残し、大黒様もどこかへ去っていきました。

4日後、ようやく目覚めた長者が屋敷を見渡すと、誰一人と屋敷には残っていませんでした。その後、この長者の屋敷は人手に渡り、長者はすべてを失って、一人どこかへ行ってしまいました。

(紅子※講談社の決定版100より 2013-7-5 2:10)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第045巻(発刊日:1981年4月)
講談社の300より書籍によると「島根県のお話」
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/7/5 2:10 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 22  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ギブソンギター  投稿日時 2013/2/13 12:40
どうも!この話断片的には覚えていますが、
あらすじを全部書くのはどうも.....。
たしかどことなく「もちの白鳥」に近かったような気が?
記憶にある方、よろしくお願いします。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)