トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  新潟県 >  五ん兵衛と六兵衛と七兵衛
No.0509
ごんべえとろくべえとしちべえ
五ん兵衛と六兵衛と七兵衛

放送回:0320-A  放送日:1981年12月19日(昭和56年12月19日)
演出:吉良敬三  文芸:沖島勲  美術:吉良敬三  作画:吉良敬三
新潟県 ) 6264hit
絶対にケンカをしないと誓った三人の男たちの話

昔、越後国に、五ん兵衛と六兵衛と七兵衛という男達が住んでいた。その年は豊作に恵まれ、お伊勢参りに出かけることになった。三人は、道中は絶対にケンカしないと村はずれの観音様に約束をして意気揚々と出発した。

何日も歩き続けて、三人はようやくお伊勢様に到着して、無事にお参りを済ませた。三人は相談して、このまま足を延ばして四国の金毘羅様(こんぴらさま)にもお参りして帰ろうと、大阪から金毘羅船に乗った。

五ん兵衛が船の中ですっかり寝入っていた時、二人の男がいたずらして五ん兵衛の髪の毛を剃ってしまった。それに気付いた五ん兵衛はカンカンに怒ったが、「ケンカをしない約束だ」と二人に言われて返す言葉もなかった。丸坊主の頭が恥ずかしくて、一人で先に村に帰ってきた。

腹の中が煮えくり返っていた五ん兵衛は、二人の妻に「旅の途中で旦那は死んだ、それを弔うために髪を剃った」と嘘を付き、自分と同じように髪の毛を剃らせた。やがて、金毘羅様から二人の男達が帰って来て、妻たちが丸坊主になった事を知ったが、いまさら怒る事もできなかった。

(紅子 2011-12-9 4:13)


ナレーション市原悦子
出典新潟県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/9 4:13 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  20  21  22  23  24  25  26  .. 78  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)