トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  福岡県 >  馬のシリをのぞいた男
No.0504
うまのしりをのぞいたおとこ
馬のシリをのぞいた男

放送回:0317-A  放送日:1981年11月28日(昭和56年11月28日)
演出:殿河内勝  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:殿河内勝
福岡県 ) 10779hit
あらすじ

昔ある村の近くに竹やぶがあり、そこには狐が住んでいて人を化かすという噂があった。

ある夜一人の酔っぱらいの男がわざわざこの竹やぶにやって来た。男がふらふらと歩いていると、前方に裸の男がうろうろしている。辺りを見回すとやはり狐がいた。男は狐に化かされているのだと思い声をかけたが、裸の男には聞こえていない様子。そこで男は狐に棒切れを投げ付けてこらしめてやろうと思ったが、なぜか裸の男は狐の前をうろうろしている。

男が棒切れを投げるとそれは見事に裸の男の頭に当たり、裸の男は倒れて気を失ってしまった。そのすきに狐はどこかへ行ってしまった。男が裸の男を起こすと、裸の男は奇声をあげて逃げてしまった。男は仕方が無いのでもう帰ろうとして歩いていると、いつの間にか花畑の中を歩いている。どこで道を間違えたのかと思っていると向こうから一人の女が歩いて来た。

男は何となくその女の跡を着いていった。すると女は一軒の家に入っていき、やがて灯がついて障子に女が髪をすいている様子が映った。 とてもきれいな女だったので、男はどうしても家の中を覗いてみたくなり、障子に指を突っ込んで穴を空けようとした。

だがなぜか障子はグニョグニョとして穴が空かない。男が何度も何度も障子をグリグリやっていると、いつの間にかそれは馬の尻に変わっており、男は馬の尻の穴を指でほじくっていた。馬は怒って男を遠くに蹴飛ばしてしまった。男は蹴飛ばされて気を失ってしまいました。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典福岡県
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第35巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「福岡県のお話」
このお話の評価7.1429 7.14 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 24  件):   <前  1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 24  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2014/10/13 21:55
これは話の内容こそ覚えていなかったけど、美しい娘が家の中に入り、髪をすくシルエットが何かエロかったのと、
障子に穴を開けようとしたら何かおかしくて、気がついたら馬の尻の穴だったというところのギャップがおかしくてそこだけはよーく覚えてた(笑)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)