トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  香川県 >  大きな運と小さな運
No.0497
おおきなうんとちいさなうん
大きな運と小さな運

放送回:0312-A  放送日:1981年10月24日(昭和56年10月24日)
演出:若林常夫  文芸:久貴千賀子  美術:小関俊之  作画:若林常夫
香川県 ) 10120hit
あらすじ

昔、木兵衛と太郎兵衛が、ほら穴に住んでいるぐひんさん(天狗さん)にもうすぐ産まれてくる子供の運を占ってもらいました。すると、木兵衛の子供は竹三本のブニ(運命)で太郎兵衛の子供は長者のブニ、と告げられました。

やがて産まれた木兵衛の子は「吾作」、太郎兵衛の子は「おかよ」と名づけられ、すくすくと成長しました。やがて大きくなった吾作は、竹職人として桶の修理(輪がえ)などをして暮らすようになりましたが、たいした稼ぎにはなりませんでした。

ある日、隣村まで足をのばした吾作は、長者の家に嫁いだおかよと再会しました。裕福な暮らしをしていたおかよは、小判を一枚ずついれたおにぎりを七個作り、吾作に持たせてくれました。吾作が川岸に行っておかよのおにぎりに噛り付くと、小判がカチンと歯に当たり、それを石だとおもった吾作はおにぎりを深い川底へ吐き捨てました。

次々と川底へおにぎりを投げ捨てた吾作は、ふと最後のおにぎりの中を確認すると、中から小判が一枚出てきました。この話を聞いた父親の木兵衛は吾作の持って生まれた不運を嘆きましたが、そこへ天狗が現れ「努力次第で運は変わる、心がけひとつ」と諭されました。それから木兵衛親子は、心をいれかえ物を大切にしたので、だんだん暮らし向きも良くなったそうです。

(紅子 2011-10-25 17:41)


ナレーション市原悦子
出典香川県
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第58巻)
場所について講談社の書籍によると香川県のお話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第075巻(発刊日:1987年4月)
講談社の300より書籍によると「香川県のお話」
このお話の評価7.6000 7.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/25 17:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 8  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2015/10/22 14:52
教育的ないい話です。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)